HSP HSPの仕事

接客業がつらいHSPさんはやめるべき?3つの選択肢と接客体験談を解説

接客業がつらいHSP

「HSPは接客業に向いてないのかな…。このまま続けるか悩んでるんだけど。」

そんな悩みにお答えします。

当記事を読めば接客業がつらいHSPさんの選択肢がわかります

 

強度HSPのRyotaです。昔、ブライダルカメラマンをやってました。

お悩み女性
またHSPが疲れそうな仕事…どうだったんです?
1年で心身ともにボロボロになって辞めました。
Ryota

当記事は、

  • 接客業がつらいHSPさんへ
  • こんなことでも人の役に立てるんだよ
  • 実際に接客業をやったらこんなことで悩んだよ

というお話をします。

HSPが接客業をするなら、こんな職場を選ぼうね。ということにも触れていきます。

どうぞお役立てくださいね。

▼HSPの仕事対策まとめ▼

関連記事
HSPの仕事選びについて
【保存版】HSPの仕事選び対策まとめ/向いている職業10選と共に解説

続きを見る

▼HSP向け転職サービス▼

関連記事
HSPの転職に使って欲しいサービス
HSPの転職に使って欲しいサービスまとめ/HSPの働き方も含めて解説

続きを見る

1.接客業がつらいHSPさんはやめるべき?考えられる3つの選択肢

HSPは接客業で気疲れしやすいよね

HSPは接客業で気疲れしやすいよね

以下の3つです。

  1. 企画や事務など裏方に異動する
  2. 別業界の接客業に転職する
  3. 接客業をやめる

つらいと感じた時点でその職場は不向きなんですよね。

お悩み女性
やっぱりそうですか…。
色んな人と接することがHSP向きじゃないですからね。
Ryota

でも、接客業にも店舗により特徴が違います。

あなたのHSP度数と職場の環境次第で

HSPは接客業でも楽しく働ける可能性がある

んですね。

それも含めてお話ししていきます。

① 企画や事務など裏方に異動する

入社後の異動なら転職しなくて済むよね

入社後の異動なら転職しなくて済むよね

  • 店舗から本社に異動する
  • デザインや企画、広報の部署になる
  • 事務、裏方の作業になる

人事異動で別の仕事をしようねってことですね。

お悩み女性
そっか、販売から別になればいいのか!
相談する価値はありますよね。
Ryota

接客することでサービスや商品の知識はついてます。

それを持って裏方に回れば会社も嬉しい。あなたも嬉しい。

数か月~1年働いた経験があれば交渉する余地がありますね。

ポイント

例えばアパレルの販売員。

販売にいると店長が限界。それより上になるって難しいんですね。

早い段階で別部署になることで、将来的な出世も狙えます。

② 別業界の接客業に転職する

法人向けの接客仕事もあるよね

法人向けの接客仕事もあるよね

  • 受付
  • エステティシャン
  • レジャー施設

何も物を売るだけが接客業じゃありませんよね。

百貨店やイオンの受付スタッフさんも接客仕事。しかも客層がいい方です。

お悩み女性
客層がいい方なんです…?うーんよくわからない。
物を売らないですからね。
Ryota

物を売るとどうしても押し売り的になり、ケンカ腰になるお客さんっています。

接客仕事の悩みは『お客さん』。

客層のいい接客業に切り替えるとHSPの嬉しい『感謝』が多くなります

客層のいいお店については記事後半でご紹介します。

③ 接客業をやめる

接客業をやめる選択肢も考えておこう

接客業をやめる選択肢も考えておこう

やめるのは立派な決断です。

お悩み女性
やっぱりそうですよね…。接客そのものがストレスなんですもんね。
そうです。なのに無理して接客するのっておかしいですよ。
Ryota

これって恋愛で言う『情』と似てるんです。

  • 接客業のキャリアを捨てるのがもったいない
  • ずっと接客で食べていくつもりだった
  • 楽しいこともちょっとはある

これって他の仕事でも作れるじゃないですか

接客業のキャリアも他業界で通用しない内容多いんですよ。

特にアパレルの小売店はキャリアになりません。

お悩み女性
確かに…アルバイトでもできちゃいますもんね。
そうなんです。エステとかネイルなら技術は残るじゃないですか。
Ryota

今って色んな仕事があります。

  • 家事代行
  • ディレクター業(外注などをする)
  • イベント進行
  • 通販ショップ運営

今まで接客業だけに注目してきましたよね。

他の業界はどういう仕事があるのか。まずはチェックしてみましょう。

▼HSP向け転職サービス▼

関連記事
HSPの転職に使って欲しいサービス
HSPの転職に使って欲しいサービスまとめ/HSPの働き方も含めて解説

続きを見る

 

次に強度HSPで悩んできた私の接客業体験をお話しします。

2.強度HSPの私が接客業をした経験談

気が休まらなくてドクターストップ

気が休まらなくてドクターストップ

内定決定後よりブライダルカメラマンを1年ほど続けました。

まとめると以下のような状況。

  • 現場での教育なし
  • 怒鳴られる
  • 月残業100時間が当たり前
  • 激務過ぎて人がいつもピリピリしている
  • 意識高い系の人がいっぱい
  • カメラマン仕事はメチャクチャ楽しい

メイン仕事は最高でした。

でも、

  • 人間関係の悪さ
  • サービス業特有の増えすぎるサービスについていけない

により退職。

心身ともに疲労して倒れました。ドクターストップで1ヶ月ほど療養したんですね。

お悩み女性
ヤバすぎる…。
ブラック企業だったのも問題でしたけどね。
Ryota

HSP的に良かった点、悪かった点をお話ししていきます。

1人の作業時間がないのがつらい

接客業は常に人目がある

接客業は常に人目がある

基本的に来客か電話があります。

休憩中すら店番と兼用のことがありますからね。

お悩み女性
リアルすぎる…。ホントはダメなんですよね?
ダメです。でも接客業あるあるなんですよ。
Ryota

人目がないのって、

  • オープン前の掃除や水やりの時間
  • 閉店後の作業

だけです。

閉店後の作業も他の社員さんいるので、人目ゼロにはなりませんよね。

常に緊張状態になり『動悸が止まらない状態』になりました。

最初から怒っている・文句を言うお客さんがいる

HSPの天敵はクレーマー

HSPの天敵はクレーマー

  • 最初からケンカ腰
  • 価格が高い、サービスの質が悪いと叱られる
  • 「何か気に食わない」という発言も多い

まぁ…ちょっとおかしい人いますよね。

でも、仕事なので対応しなきゃダメ。

怒ってる人と話すだけでHSPさんはヘトヘトになるんです。

お悩み女性
わかります。オペレーターできる人とかホント尊敬。
自分を神様みたいに思ってくるお客さんいるんですね。
Ryota

来店だけじゃなくて電話でもクレーマーはいます。

対処ができないんでHSPさんにとっては『爆弾』みたいなものなんですよ…。

人が喜んでくれるのはホント嬉しい

HSPは喜びを感じやすい強みがある

HSPは喜びを感じやすい強みがある

接客業のよさは、

  • 人から直接喜びを伝えてもらえること
  • 自分に価値がつくこと

なんですね。

価値っていうのはスキルじゃなくて、

あなたにお願いしたいわ♪

ということ。

お悩み女性
あーなるほど!美容師さんとかネイリストさんとか。
そうなんです。スキルがほどほどでも、人との相性で喜ばれることあるんですね。
Ryota

するとHSPさん感激できるんです。

HSPは悲観的になりやすい反面、喜びも人より感じやすいです。

私もブライダルカメラマンで写真を撮影する度に幸せを感じてました。

メインの仕事は凄く楽しかったなぁ…。

 

HSPだけど接客業をしたいあなたに伝えたい注意点もお伝えしますね。

決して接客業ができないわけじゃないんです。

他の仕事に比べて『会社選びを慎重に』ということなんですよ。

3.HSPが接客業を選ぶ時の注意点3つ

HSPは接客業の扱う商品に目を向けよう

HSPは接客業の扱う商品に目を向けよう

以下の3つです。

  1. 客層がいいかどうか
  2. サービス内容の変更が多すぎないか
  3. 不特定多数の人の出入りがあるか

HSPの仕事の悩みって大半が人間関係なんですね。

※ブラック企業はそもそもが問題なので省きます。

なので、人間関係の問題が少ないかどうか。

クレーム率が低いかどうかを考えましょう。

お悩み女性
人間関係の問題も職場で変わってくるんです?
そうなんです。同僚や先輩はともかく、どういうお客さんが来るかって職場で決まるじゃないですか。
Ryota

どういうサービスを扱うかにより働きやすさは変わります

① 客層がいいかどうか

HSPは客層のいい高級なサービスの接客業を選ぼう

HSPは客層のいい高級なサービスの接客業を選ぼう

  • 人柄がいい
  • クレーム内容も理屈が通っている
  • HSPも納得できればストレスが少ない

接客業は接客相手が重要です。

誰だってミスしますよね。

ミスした結果のクレームなら納得です。仕方ないですからね。

お悩み女性
ああ、なるほど…。謎のクレームは疲れるだけってことですね。
そうです。嫌がらせとか、自分は神様と思ってるお客さんも多いです。
Ryota

飲食店でセクハラまがいの言動とかあるじゃないですか。

あれ、客層が悪いからです。

悩まなくていいことで悩んじゃうとHSPさんは潰れやすくなるんですね。

サービス単価の高い商売は客層がいい

客層は主にサービス内容と単価で決まります。

  • 高級志向
  • 予約制
  • 少数に向けたサービス

高級志向と言ってもメチャクチャ高くなくて大丈夫。

エステやネイルは『まだ客層がいい』です。

スーパーやコンビニ、安い理髪店は客層が悪いですよね。

ポイント

居酒屋を想像してください。

安いチェーン店は客層が悪いです。

大学生がワイワイ騒いだり、酔いつぶれたサラリーマンがいたり…。

ちょっと単価が上がれば『まだマシな客層』になりますね。全室個室とか。

そんなイメージでお店を選んでください。

② サービス内容の変更が多すぎないか

サービス内容が変わりすぎる接客業は覚えることが多い

サービス内容が変わりすぎる接客業は覚えることが多い

  • 毎月、料金が変わる
  • 季節ごとにサービス内容が変わる
  • キャンペーン多すぎ

わかりやすいのが脱毛や写真館ですね。

季節でプランが変わります。

プランが変われば勉強が必要。施術以外の覚える内容が増えるんですね。

お悩み女性
メチャクチャ難しい料金体系もあるんですよね…。
そうそう。自分たちでもいくらかわからないチラシあるじゃないですか。
Ryota

それを数日間で覚えないとダメ。

覚えても次の月には新キャンペーンで覚え直し。疲れますよね。

電話応対が増える

あなたたちでわからなければ、お客さんもわかりません。

電話応対での質問が増えます。

料金がわからないと最初からケンカ腰のお客さんもいらっしゃいますね…。

HSPは電話応対が苦手。まだアパレルのような値段が明確な接客業の方がマシですよ。

③ 不特定多数の人の出入りがあるか

HSPはお客さんの数が少ないお店で働こう

HSPはお客さんの数が少ないお店で働こう

知らない人との対応ってHSPが苦手なこと。

  • 相手の性格がわからない
  • 緊張してしまう
  • 機械的な対応ができない

からですね。

つまり、

  • 販売員
  • 病院事務(受付)
  • 銀行員

のような色んな年齢層の人が自由に出入りする職場は苦手ってことです。

お悩み女性
なるほど…病院も確かにそうですね。
基本的に予約がないですから。
Ryota

小売店以外にも不特定多数が出入りする職場ってあるんです。

特に受付関係ですね。

イオンや百貨店の受付のように、

使われる回数が少ない受付

なら対応しやすいです。ご検討ください。

まとめ:中度以上のHSPは接客業を避けましょう

接客業がつらいHSPさんの取るべき道は以下の3つです。

  1. 企画や事務など裏方に異動する
  2. 別業界の接客業に転職する
  3. 接客業をやめる

接客自体はHSPの強みも発揮できる内容なんです。

問題なのは客層と環境なんですね。

心の負担が少ない接客業を選び、相手の気持ちを察する能力を発揮しましょう。

 

以上、『接客業がつらいHSPさんはやめるべき?3つの選択肢と接客体験談を解説』という記事でした。

関連記事
HSPの仕事選びについて
【保存版】HSPの仕事選び対策まとめ/向いている職業10選と共に解説

続きを見る

関連記事
HSPの転職に使って欲しいサービス
HSPの転職に使って欲しいサービスまとめ/HSPの働き方も含めて解説

続きを見る

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
Ryota

Ryota

作曲家|メディア運営|フリーライター|HSPアドバイザーのパラレルキャリア。強度のHSPで社交的なHSE。様々な仕事を経験した後に独立。心理学や癒しの音楽を学んだ経験から、疲れた人に役立つ情報を発信しています。詳しくはこちら→プロフィール

-HSP, HSPの仕事

Copyright© ココヨワ | 苦しい人生を少し優しく。 , 2020 All Rights Reserved.

\初月無料!気軽にお試しください/
【HSPの教科書】HSPアドバイザーが教えるHSPの生き方・働き方&質問回答集
詳細記事はこちら
\毎週20,000文字ほどでお届け/
HSPの相談・仲間作り情報