HSP HSPの仕事

【保存版】HSPの仕事選び対策まとめ/向いている職業10選と共に解説

HSPの仕事選びについて

「HSPってどういう仕事に向いているんだろう。職業も知りたい…。」

そんな悩みにお答えします。

当記事ではHSPに向いている仕事についてお話しします

 

強度HSPのRyotaです。これまでに10種類以上の仕事を経験しています。

お悩み女性
やっぱりHSPは仕事の向き不向きがあるんです?
ありますね…。もっとも、個人差もあるので耐えれちゃう人もいますが。
Ryota

当記事は、

  • 仕事に悩むHSPさんへ
  • こうやって仕事を選ぶといいよ
  • こんな職業がおすすめだよ

というお話をします。

私自身、仕事に悩んできたHSPです。

同じHSPのあなたに響く内容になっていますので、どうぞお役立てください。

▼HSPが使いやすい転職サービス▼

関連記事
HSPの転職に使って欲しいサービス
HSPの転職に使って欲しいサービスまとめ/HSPの働き方も含めて解説

続きを見る

▼HSPと適職の話▼

関連記事
HSPの適職について
HSPの適職は普通とは違った。10種類以上の仕事を体験して見つけた天職を紹介

続きを見る

1.HSPの仕事の選び方/気を付けて欲しい6ポイント

HSPは仕事内容以外も厳しくチェックしよう

HSPは仕事内容以外も厳しくチェックしよう

以下の6つです。

  1. 時間が不規則ではない
  2. 1人の作業時間がある
  3. ルールや就業規則が正しく守られている
  4. マニュアルが整っている(教育の制度がある)
  5. 不特定多数の人と関わらない
  6. 電話応対が少ない

HSPが苦手なことを避けることが大切なんですね。

仕事の内容より『働く環境選び』に注目しましょう。

HSPの仕事上の悩みってこんなことです。

  • 人に監視されていると集中できない
  • 仕事を断れず、能力以上に抱え込んでしまう
  • 人に頼みごとができない
  • 電話応対が苦手
  • 都合のいい人物になりやすい
  • 耐えなくていいことを我慢してしまう
  • 1人より2人作業の方が効率がダウンする
  • イレギュラーに対応できない
  • クレームに耐えられない
  • 不安に耐えられずミスを隠してしまう
  • 誰かのミスでも責任を感じてしまう

仕事内容に目を向けちゃいますが、それ以外の要因もあるんですね。

特に、

  • 上司との関係
  • 先輩やお客さんの人格
  • 社風

の3つは見抜きにくいこと。

「この仕事なら100%安心!」はないんです。

だから、できるだけHSPにとってストレスのない仕事選びが大切になってきます。

① 時間が不規則ではない

毎日の変化が少ない仕事を選ぼう

毎日の変化が少ない仕事を選ぼう

  • シフト制、交代制勤務じゃない
  • 出張が少ない
  • 支店への応援が少ない(転勤がない)

HSPは刺激に対して敏感です。

いつもより30分早く起きないとダメ

いつもと違う場所で眠らないとダメ

こんなことでも睡眠が浅くなるんです。

月1回程度ならともかく、週に1度となれば疲れます。

私の工場勤務の例

途中から交代制が導入されました。

人数が少ないこともあり1日単位でシフトチェンジもあり。

繁忙期はストレスからメニエール病や突発性難聴を発症しました。ご参考まで。

無駄な30分前行動・古い雰囲気にも注意

例えば上司が帰らないと帰れない職場。

強気な人なら平気で帰ります。でもHSPは機嫌を察しちゃうから無理なんですね…。

給料と関係ない無駄な時間です。そういう社風の会社は避けましょう。

② 1人の作業時間がある

1人の作業時間は全く疲れない時間になるよ

1人の作業時間は全く疲れない時間になるよ

  • 上司の目がない
  • 自由に仕事の段取りが組める
  • 単純に気疲れしない時間になる

HSPは人より消耗しやすいです。

でも、消耗しない…どころか、エネルギーが回復できる状況があるんですね。

それが1人の時間。1人で働ける作業があるお仕事は圧倒的におすすめです。

お悩み女性
会社で1人きりの時間を作ろうってことです?
はい。例え1時間でも構いません。それがHSPにとって貴重な時間になるんですよ。
Ryota

私の工場勤務の例

私は工場で1日4時間~の倉庫作業をしていました。1人の時間なんですね。

(内線などはありますが。)

短時間なら疲れる仕事でも耐えられます。

1人の時間が持てる仕事のある会社に入りましょう。

③ ルールや就業規則が正しく守られている

組織がしっかりしている会社を探そう

組織がしっかりしている会社を探そう

HSPは人から叱られる、怒られることが苦手です。

人の感情って強い刺激なんですね…ストレスなんですよ。

だからルールは守って当然。マナーは正しくて当然の生活をしています。

お悩み女性
なのにルールが守られてない会社…混乱しちゃいますね。
ルールを守れば現場でイライラされます。でもルールを破れば上司に叱られます。
Ryota

そりゃルールを守るのが正しいですよ。

でも、現場って状況の違うことあるじゃないですか。

  • 時代遅れの就業規則
  • 現場に来ない上司
  • 全て現場判断

HSPだってイライラします。

イライラを人にぶつけられないので溜め込み疲れてしまうんですね。

休憩時間等も『決められている』と安心

小休憩も時間が決まっている。

お昼休憩も12時~13時までと決められた方が安心して休憩できます。

私は休憩時間が適当なサービス業に勤めたことがあります。

最終的に仕事優先で昼休憩は毎日10分。身体を壊して退職しました。ご参考まで。

④ マニュアルが整っている(教育の制度がある)

新人を育ててくれる会社を選ぼう

新人を育ててくれる会社を選ぼう

  • 担当の教育者がいる
  • 各作業のマニュアルがある
  • 数カ月かけて育ててくれる

教育の制度がない場所で勝手に覚えろ…と言われても覚えられないんです。

HSPは人に聞くのが下手ですから。

お悩み女性
職人的な仕事は厳しそうですね…。
見て覚えろ!と言われても、人を意識するから覚えられるものじゃありません。
Ryota

どうせなら、

  • その会社にないスキルを持ち込む
  • 他の担当者がいない

という状況だと楽ですよ。

教育のない会社に限って『マウンティング』が人気です。

できる人ができない人を怒鳴る。いじめる。

そんな会社は耐えるだけ無駄です。お気を付けください。

⑤ 不特定多数の人と関わらない

お客さんと直接やり取りする仕事は避けよう

お客さんと直接やり取りする仕事は避けよう

  • 相手の性格がつかめない
  • 苦手な人との接点が増える
  • 人の顔や名前を覚えるのが大変

小売店やサービス業ですね。

まだ、エステのように『予約制で来客が一定数の仕事』はマシです。

お悩み女性
クレーマーが来たらどうしようもないですね。
上にも叱られお客さんからも叱られ…さらに自分を責めちゃいます。
Ryota

社会的なスキルが育ってから挑戦しましょう。

ポイント

客層にも目を向けましょう。

ちゃんと話ができる。悩みが深い人との仕事ならよほど大丈夫。

イライラした人・不満の強い人が集まる仕事は攻撃対象になっちゃいますよ。

⑥ 電話応対が少ない

HSPは社内の人だけと電話しよう

HSPは社内の人だけと電話しよう

  • 顔がわからない
  • 声だけ聴くと怒っている感じの人がいる
  • 雑音があると集中できない

HSPって電話応対には不向きなんですね。

※HSPも人それぞれ度合いがあるので全員ではないです。

  1. どんな機嫌の人からの電話かわからない
  2. 声が聞き取りづらくても聞き返せない
  3. 戸惑っている姿を見られたくない
  4. 声で人の機嫌を察してしまう
  5. 電話に意識を集中してしまう

そのうち電話が怖いので普通の仕事がはかどらなくなるんです。

普通の仕事ができないんで評価も落ちますよね…。

知り合いだけ。会社の人だけと電話する仕事を探しましょう。

▼HSPが電話応対の苦手な理由▼

関連記事
HSPが電話応対の苦手な理由
HSPは電話応対が無理!苦手になる5つの理由と電話との付き合い方を解説

続きを見る

 

では、実際にHSP向けな職業の一例を見ていきましょう。

2.HSPが向いている職業10選/在宅・会社員両方から紹介

仕事内容だけなら職業で判断可能

仕事内容だけなら職業で判断可能

以下の10種類をご紹介します。

  1. 倉庫作業員
  2. ピッキング業務
  3. メディア運営・マーケティング関係
  4. Webライター
  5. メンタルトレーナー
  6. 動物と関わる仕事
  7. 通販ショップの運営
  8. 図書館の司書
  9. 各種アドバイザー
  10. 工芸、アクセサリ制作

私も実際に経験した、学んだ仕事が多数。その経験も含めてお話ししますね。

適職のポイントにもなってきます。

1つ間違えて欲しくないことがあります。

ブラック企業はダメ

お悩み女性
この職業に就けばいいのね♪ってわけじゃないんです?
そうです。仕事って複雑なんですよ…。
Ryota

ぶっちゃけて言えば、

  • 上司の人格がひどければダメ
  • 会社そのものが体育会系のブラックならダメ

なんです。

HSPじゃなくてもこんな会社ダメですけどね。

普通に働ける。社員を人として扱ってくれる会社前提でお考えくださいね。

社員を普通に扱う会社は離職率が低いです。

私も使った低離職率案件の多い転職サービスを使いつつお探しください。

▼HSPが使いやすい転職サービス▼

関連記事
HSPの転職に使って欲しいサービス
HSPの転職に使って欲しいサービスまとめ/HSPの働き方も含めて解説

続きを見る

① 倉庫作業員

倉庫作業は1人で考える仕事が多いのでHSP向け

倉庫作業は1人で考える仕事が多いのでHSP向け

  • 商品や資材を計画を見つつ出庫
  • 入荷するものの保管場所を整理整頓して空ける
  • 荷受けをする

空調が整っている倉庫とは限りません。

肉体労働もあり、それなりに厳しい仕事。ただ人間関係は少ないです。

私の経験談

10年間続けました。

私の場合は小工場だったので私しか担当者がいなかったんですね。

自由に考え働けたので『暑さ以外』のストレスはありませんでした。

ただし熱中症で1度倒れています。

フォークリフト・ハンドリフトを使います。

工場によっては20kg程度の重量物持ち上げがあります。ご注意ください。

② ピッキング業務

ピッキング業務は女性の仕事として人気

ピッキング業務は女性の仕事として人気

簡単に言えば『物を出してくる仕事』。

  • 書類を元に、
  • 発送場所ごとに区分けして
  • 正しく商品を出してくる

とは言え、会社によっては商品の種類が豊富。

30種類を1つずつ希望する小売店があったりで時間はかかります。

カートン単位になると10kg~の重量物にもなりますね。

お悩み女性
道具を使わないと運べませんね…。
台車やハンドリフトは普通に使いますよ。
Ryota

アルバイトで多い仕事。でも正社員も見つかりますね。

私の経験談

医療品(注射器など)を病院ごとに出す仕事をしていました。

どれも軽いし小さいため、倉庫も『駅のスタバ程度の大きさ』だったんですね。驚き。

1日の作業が4~5時間で終わっちゃうほど楽でした。

代わりに給料は低いです。

③ メディア運営・マーケティング関係

マーケティング系はリモートワークも狙える

マーケティング系はリモートワークも狙える

  • 物やサービスを売る、紹介する仕事
  • 自分でブログやメディアも立ち上げるよ
  • SNS運用もするよ

今、花形の仕事ですね。個人でも仕事にできます。

  • 執筆作業、取材
  • デザイン
  • メディア立ち上げ
  • できないものは外注

ほぼ何でも屋です。

あなたが考えて行動しないとダメ。

考えることが得意なHSP向けではあります。

難易度は高いです。知識ゼロなら数年間勉強して作業しないと結果が出ません。

マーケティング系の仕事は人が不足してます。

若いのなら業界に飛び込んで学ぶのもアリですよ。

結果がついてこればリモート枠を狙えるのも魅力。

④ Webライター

Webライターは人気の在宅ワーク

Webライターは人気の在宅ワーク

  • 記事を書いて納品する
  • クラウドソーシングやライターを募集しているサイトから応募
  • 仕事を斡旋している求人サイトもあるよ

当記事みたいな『記事』を書いて納品します。

専門的な内容ほど単価が上がります。1文字1円~のように、文字で単価が決まりますね。

お悩み女性
Webライターだけで食べている人もいるんです?
普通にいますよ。ただ、企業相手に仕事をしないと厳しいですね。
Ryota

私の例

クラウドソーシングから仕事を受注。そのまま業務委託契約になりました

その企業さんとは文字単価1.5円でのやり取りでしたね。

専門職の高い記事だと文字単価3円~5円。実績次第で10円も狙えます

日記みたいなのを書いてもダメ。正しい言葉づかいも求められますよ。

※私は読みやすいようわざと言葉を崩して書いてます。ご参考まで。

⑤ メンタルトレーナー

メンタルトレーナーは人の気持ちがわかるHSP向け

メンタルトレーナーは人の気持ちがわかるHSP向け

  • 精神面からサポートする仕事
  • 企業に属することもあるけど、フリーの人もいるよ
  • 資格は必要なし。需要と供給がポイントだね

スポーツ選手を支える仕事として認知されてますね。

日本メンタルトレーナー協会がメンタルトレーニング検定をしています。

資格が必要なしとはいえ、取得すると活動の幅は広がっていきますよ。

お悩み女性
個人相手にも需要があるんです?
そうですね。自分を変えたい、一歩踏み出す勇気が欲しい人向けのアドバイスは可能です。
Ryota

多感な子どもの精神的成長を後押しする需要もありますね。

社会に出てからメンタルトレーナーを志す場合は、どういう人に何をアドバイスするかが大切。

カウンセラーとコーチ両方の知識が必要になってきます。

⑥ 動物と関わる仕事

動物とは裏表なく付き合える

動物とは裏表なく付き合える

  • HSPは動物の気持ちもわかる
  • 動物は裏表なく素直に感情をぶつけてくれる
  • 人と接するより気疲れが少ない

動物は人よりわかりやすいですよね。

  • 感情表現が豊か
  • できること、できないことがハッキリしている

動物と触れ合うこと自体も気疲れを癒す効果があります。

お悩み女性
確かに人との関係でモヤモヤするよりよさそうですね。
子どももそうですよね。あなたが余裕を維持できるなら向いてますよ。
Ryota

ただし、動物も子どももパワフルです。

あなたに余裕がなくても感情やパワーをぶつけてきます。

その時に八つ当たりせず我慢する意思は必要ですよ。体力をつけましょう。

⑦ 通販ショップの運営

通販ショップ運営は裏方的な作業が多い

通販ショップ運営は裏方的な作業が多い

店舗の運営と通販サイトの運営をしているショップがありますね。

その通販サイト運営の仕事になります。

  • 商品の写真撮影
  • バナーなどのデザイン作成
  • 季節ごとのキャンペーンや特集
  • 購入者とのやり取り

することは多いものの、裏方的な作業になります。

お悩み女性
事務作業の発展した形みたいですね。
はい。ひっきりなしな電話応対も少ないですし、1人の作業時間もありますよね。
Ryota

デザインについても、

  • Webツールの活用
  • 最低限の写真撮影技術

ができれば仕事になります。

※幅広く色んなことができる方が喜ばれますね。

スポーツ系・アウトドア系のショップで正社員を募集していますよ。

⑧ 図書館の司書

図書館の司書は人間関係次第で安心な仕事

図書館の司書は人間関係次第で安心な仕事

精神的に楽な仕事として知られている図書館の司書。

正社員の仕事は少ないものの、仕事内容がわかりやすいです。

  • 本の管理
  • 今後、どういう本を増やすかの企画
  • 人を集めるイベントの計画
  • 貸し出し手続きなど

一方で、同じ司書さんや上司との相性が悪いと逃げ場がない欠点もあります。

どういう人が勤めているかを事前に確認。

アルバイトなどの求人が見つかれば早く応募するといいでしょう。

※司書・司書補は国家資格。司書補なら取得しやすいので検討するのもありです。

⑨ 各種アドバイザー

HSPは人の悩みを聞いてアドバイスできる

HSPは人の悩みを聞いてアドバイスできる

話を聞き、どうすべきかを導く仕事です。

カウンセリングは話を聞くことで自分で答えを見つけるお手伝い。

コーチングは実際に何ができるかを伝え、勇気を与えるお手伝いですね。

お悩み女性
アドバイザーは…もっと身軽な感じ?
そうです。もっと気軽に使えるイメージをしてください。
Ryota

もちろん資格があれば幅が広がります。利用者も安心しますよね。

HSPは、

  • 相手の気持ちがわかる
  • 話が聞ける
  • 親身になれる

ため、アドバイザーに向いています。

アドバイザーと言っても幅は広いです。

  • メンタル系
  • ブライダル系
  • 住宅系
  • 恋愛系

どれを選ぶかはあなたの経験や知識次第になりますね。

私はHSP向けのアドバイザーとして活動しています。

資格を取ったのちはマンツーマンの相談窓口を有料で設ける予定。

インスタ等でアドバイスをしていても、向いているなって感じます。

⑩ 工芸、アクセサリ制作

HSPは強い感受性を芸術分野で活かせるよ

HSPは強い感受性を芸術分野で活かせるよ

HSPはクリエイティブな仕事に向いています。

理由はこちら。

  1. 1人の作業時間が多い
  2. 発想力や感受性に優れている
  3. スキルが個人の仕事につなげやすい

工芸やアクセサリ作りも1人の時間になりますよね。

お悩み女性
職人さんみたいなもんですね、格好いい♪
Ryota
ただ、本業にするのは厳しいです。

というのも、職人系の仕事って『見て覚えろ』なんですね。

HSPって尋ねたり教えてもらうの苦手じゃないですか…。

早めに自分で技術を習得。

  • フリーマーケットで売る
  • ネットで売る

そんな流れで『副業化』していきましょう。

 

HSP向けの仕事一例をお話ししてきました。

でも、上記職業を選んだからと言って安心してはいけません。

HSPが絶対避けるべき仕事内容があるからです。以下、解説していきますね。

3.HSPが耐えてはいけない、選んではいけない仕事

HSPは厳しすぎる社風を避けよう

HSPは厳しすぎる社風を避けよう

以下の3つです。

  1. すべてのブラック企業
  2. ノルマの厳しい仕事
  3. 自分がクレーム対象になりやすい仕事

どの業界・職業でも一定の基準以下の会社はあるんですね。

  • 長時間残業
  • パワハラ、モラハラ上司
  • 決まりがあってないようなゆるい会社

そういう、

HSPが耐えられない会社

は避けましょう。

派遣など非正社員で体験してから判断することもおすすめ。

HSPに向いている仕事の探し方の記事が参考になります。

▼HSPの仕事。探し方について▼

関連記事
HSPに向いている仕事の探し方
【体験談】HSPに向いた仕事の探し方って?5回の転職と独立をした結果から紹介

続きを見る

① すべてのブラック企業

HSPはブラック企業から即逃げよう

HSPはブラック企業から即逃げよう

これがブラック企業!という決まりはありません。

私の経験上、毎日が定時でも耐えられない会社もありました。

なので以下に該当する会社は避けましょう。

  • 仕事を教えてもらえない
  • 上司が帰るまで帰れない
  • 月の残業が45時間以上ある
  • 他部署へ誘導してくる
  • 怒鳴る人がいる
  • 誰に何を報告・相談するか明確ではない

新人を放置する会社も多いんですね。

HSPは仕事が多すぎても少なすぎてもストレスで疲れてしまいます

仕事がわかりやすい工場の方がまだ続きますよ。

② ノルマの厳しい仕事

HSPはノルマがない、少ない仕事を選ぼう

HSPはノルマがない、少ない仕事を選ぼう

基本的には営業職になりますね。

  • 保険
  • 不動産(住宅系)

この2つは特にノルマが厳しいことで知られてます。避けましょう。

数字が取れた月はいいんですよ。

それ以外の月…数字の悪い月は『不幸のどん底』みたいになります。

お悩み女性
そんなヤバい状態になるんです?!
はい。人は数字が上がるより、下がることが怖いからです。
Ryota

人は損するのが嫌いだからですね。

でも営業職がHSP向けじゃないとも言えないんです。

手紙やメール、メディアを活用して数字を上げる人がいます。

昔ながらの『対面で稼ぐ』ことにこだわらなければ、営業でも活躍できますよ。

③ 自分がクレーム対象になりやすい仕事

不特定多数の来客がある仕事は避けよう

不特定多数の来客がある仕事は避けよう

  • 直接、お客さんとの取引がある
  • 予約制ではない
  • 客層が悪い

小売店とか、サービス系の仕事です。

※サービス系は予約制ならまだマシですが…。

あと、教師もそうですよね。子どもたちはともかく、親さんの意見がつらいです。

お悩み女性
なるほど…美容師さんもきつそう。
誰もが必要とすることは色んな人が来ますからね。
Ryota

お花屋さんだと全員が必要とはしませんよね。

どちらかと言えば『客層はいい方』だと言えます。こんなイメージで仕事を選びましょう。

まとめ:HSPは仕事選びに時間をかけましょう

HSPは憧れで仕事を選ばない方がいいんです。

何ができて、何が疲れないか

そこから、自分に向いている仕事を選んでいきます。

仕事が楽しくなれば評価が上がります。

評価が上がればもっと仕事が楽しくなる。疲れなくなるんですね。

1年ほどアルバイトやパートをして自分に向いている仕事を選んでも構いません。

仕事でボロボロになるよりも、

慎重に仕事を選ぶ

自由に働き方を選ぶ

この2つを考えましょう。

正社員に関しては最低限『ブラック企業は避けるべき』。

普通に働ける求人が多いHSP向けの転職サービスも紹介しています。

どうしてお勧めなのかもまとめていますので、お役立てくださいね。

関連記事
HSPの転職に使って欲しいサービス
HSPの転職に使って欲しいサービスまとめ/HSPの働き方も含めて解説

続きを見る

 

以上、『【保存版】HSPの仕事選び対策まとめ/向いている職業10選と共に解説』という記事でした。

関連記事
HSPの適職について
HSPの適職は普通とは違った。10種類以上の仕事を体験して見つけた天職を紹介

続きを見る

関連記事
HSPが電話応対の苦手な理由
HSPは電話応対が無理!苦手になる5つの理由と電話との付き合い方を解説

続きを見る

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
Ryota

Ryota

HSPアドバイザー・メンタル心理カウンセラー。自身も強度のHSP。心理系の資格・癒しの音楽を学んだ経験を生かし、HSP向けの相談や仲間作り・認知に向けた活動を続けています。詳しくはこちら→プロフィール

-HSP, HSPの仕事

© 2020 ココヨワ | 苦しい人生を少し優しく。

\HSPの悩み相談窓口/
【HSPの教科書】HSPの相談窓口・生き方情報が届く
相談はこちらから
\全国800人以上が利用中!/
相談窓口はこちら