HSP HSPの恋愛・結婚

HSPの夫婦関係を良好にする技/日々の生活で試して欲しい5つのこと

HSPの夫婦関係

「HSPの夫婦関係を良好にする技ってないだろうか…?」

そんな悩みにお答えします。

当記事を読めば、HSPのあなたが夫婦関係を良好にするポイントがわかります

 

HSPアドバイザーのRyotaです。

相談窓口『HSPの教科書』より、HSPさんから夫婦関係についても定期的にご相談を頂戴します。

お悩み女性
やっぱり夫婦関係って悩みになるんです?
繊細な部分をわかってもらえない。と言うケースが多いです。
Ryota

当記事では、

  • 夫婦関係で悩むHSPさんへ
  • 良好な夫婦関係のために取り入れて欲しい方法
  • 夫婦の感情について

をそれぞれ解説します。

ぜひお役立てください。

▼HSPと子育ての話▼

関連記事
HSPの子育てについて
【手を抜こう】HSPは子育てで悩みがち/あなたを助ける4つの考え方

続きを見る

▼相談+HSPさんの生き方情報はこちら▼

関連記事
HSPの教科書
【HSPの教科書】HSPアドバイザーが教えるHSPの生き方・働き方&質問回答集

続きを見る

1.HSPの夫婦関係を良好にする5つの技

夫婦関係は感謝で改善していこう

夫婦関係は感謝で改善していこう

以下の5つです。

  1. スキンシップやマッサージをする
  2. 細かいことでも感謝を伝える
  3. お互い1人の時間を持つ
  4. 自分の意見をわかりやすく伝える
  5. 「HSPだから」という伝え方をしない

もちろん、夫婦関係を良好にするポイントはHSPさんに関わらず使えます。

しかしHSPさんは良くも悪くも環境の影響を受けやすい。

同居人は強い影響力を持ちます

お悩み女性
仲良く、ニコニコ暮らしたいですね…。
お互いが味方になること。助け合う、協調性を作ることを考えていきましょう。
Ryota

小さな習慣が変化につながります。

すぐ実践できることなので、それぞれお試しくださいね。

① スキンシップやマッサージをする

  • スキンシップでオキシトシンが分泌されやすい
  • オキシトシンはストレスを解消したり、幸福感を与える

スキンシップや団らんがオキシトシンを分泌されることは発表されています。

 

恋人時代。手をつないだり…様々なスキンシップをしていました。

でも夫婦になるとそういうスキンシップが減ります。

特に育児中。お互いヘトヘトでスキンシップを取るくらいなら眠りたいでしょう。

お悩み女性
そうなんです…。手をつなぐのも恥ずかしい。
そこでマッサージが効果的。
Ryota

マッサージなら疲れが取れます。自然にスキンシップができ、会話もできます。

かつ、マッサージを受ける側はリラックスできるので。イライラがなくなります。

日本一眠れるヘッドマッサージの記事も参考になりますよ。

ぜひ、こういうものを実践して…。スキンシップを増やしてください。

ポイント

人間関係はコストと報酬のバランスでできています。

夫婦1人だけがマッサージを受けるばかりでは、逆にイライラするでしょう。

必ず「交代」でマッサージをしてください。

② 細かいことでも感謝を伝える

  • 感謝は人間関係を円滑にする
  • 前向き、ポジティブな気持ちになる
  • お互いに嬉しい気持ちになる

してもらって当たり前。この状態だとギスギスします。

お悩み女性
そうそう。いっつも私が疲れて家事とかばかり…。
そういう時、実は相手も「仕事ばかり」と思ってたりします。
Ryota

働いてくれてありがとう。家事をしてくれてありがとう。

ご飯を用意してくれてありがとう。

そこに甘え的な「わかって欲しい!」が入ると勘違いしやすいんですね。

お互いを勝ち負けにしてはいけません。

わかって欲しい気持ちを認め、わかってあげる。これも夫婦関係を整えるカギになりますよ。

▼甘えについての動画も参考になります▼

③ お互い1人の時間を持つ

  • 成長につながる
  • リラックスになる
  • 別の依存先を見つけるきっかけになる

特にHSPさんは1人の時間が必要です。

1人の時間は刺激が少なく、のびのびとできるので…エネルギーを回復できます。

四六時中監視状態だと参っちゃいますよね

お悩み女性
でも、1人の時間って作りにくくないです?
自分が離れる他に、相手に出かけてもらう方法もあります。
Ryota

ずっと一緒にいるとたまには「自分の趣味」をしたくなるものです。

そういう時間をお互いに持つ話をしてみましょう。

ポイント

長時間じゃなくて大丈夫。

1時間散歩する。カフェに行くとか。そんなことで構いません。

お子さんがいる場合は、交代で面倒を見る時間を作ることが必要となります。

④ 自分の意見をわかりやすく伝える

  • HSPさんの意見の伝え方は丸すぎる
  • ほとんど伝わっておらず、ガッカリするケースが多い

HSPさんは様々なことに気づいてしまいます。

その気づきやすさから、相手に配慮しすぎて「言い訳的に会話をするケース」が多いなと感じています。

お悩み女性
言い訳的な会話…ですか?
伝えたいことに対する装飾が多すぎるんですね。
Ryota

例えば、欲しいものがあるとしましょう。

これ買っていい?

と聞けばわかりやすいです。

ちょうど安いものがあるの。必要なんだ。ほら、色々買ってないし。

これだと「欲しい」と伝わって無かったりします。

そして否定されると…自分が否定されたように落ち込み、自分の思いを話しづらくなります。

伝え方のコツとして、結論から先に言うのがおすすめ。

結論を言うのはドキドキするでしょう。でも伝えたいことは結論です。

結論を言った後での装飾なら内容的には伝わりやすいです。

⑤ 「HSPだから」という伝え方をしない

これ、皆さんからのコメント等でよく聞くケースです。

そして「自分を変えようとしないよね。」と否定され、ガックリ落ち込みます。

HSPはほぼ認知されておりません。

当事者でないと気持ちの共有は困難です。

HSPに逃げている。HSPを自分を肯定する道具に使っている。

そういう印象を持たれるということですね…。感覚のすれ違いです。

ですので、わかりやすく伝えることが必要です。

  • 強い音や光が気になって、眠れず疲れ切ってしまう
  • つい人のことを考えすぎてしまう
  • 小さなことにも注目する

これなら性格として何となくわかってもらえるでしょう。

相手にわかってもらおうとせず「疲れたから…。」など、自分の状態を伝えることもポイントです。

以下の動画も参考になります。

カミングアウトの注意点はこちら。

関連記事
HSPのカミングアウトについて
【大切】HSPってカミングアウトして大丈夫?注意点と相手に引かれないポイントを紹介

続きを見る

以上のことを検討するだけでも、今までと変化が期待できます。

 

続いて、夫婦の感情ってどういうものなの?という点をお話しします。

2.夫婦の感情について知って欲しいこと

夫婦はお互いの感情を知っておこう

夫婦はお互いの感情を知っておこう

以下の3つを知識にしましょう。

  1. 夫婦はお互いの感情を共有する
  2. 相手の見えない苦労を想像する
  3. 相手ではなく自分に怒っているケースも多い

身近な人だから要求が高くなっていきます。

知らないうちに「あれもこれも…」となり、敵になっちゃうんですね。

お悩み女性
そうなんです。細かいところまで見ちゃう。
そこで、相手の気持ちに「なぜ?」を持ちましょう。
Ryota

なぜピリピリしちゃうのか。そこを考えると理解が深まります。

① 夫婦はお互いの感情を共有する

  • あなたがイライラしている時、相手もイライラしている
  • 一緒に喜べる
  • 悩みも伝染しやすい

あなたがわかって欲しいと思っていると、配偶者もそう思ってます。

お悩み女性
お互いにぶつけあってるってことです?
肯定して欲しい。甘えたいって気持ちが強いことが多いですね。
Ryota

例えば…

あなたは家事や育児を手伝ってと思っている。

旦那さんが仕事の忙しさをわかってよ、と思っている。

ということ。

これ、ケンカせずに解決できるんです。

お互いに「いつも忙しいね。ありがとうね。」って言い合えばいいんです。

そしてちょっとだけやることを共有する。すると…敵じゃなくて仲間になります。

ポイント

夫婦でカウンセリングを受けると…。お互いの悩みを初めて話すことになります。

それで相手の気持ちがわかり一気に仲直りするケースもあるんですよ。

② 相手の見えない苦労を想像する

  • 自分だけが苦労しているわけじゃない
  • 苦労は内容が違うだけで質が似ていることがある

職場で上司に叱られているかもしれません。

ママ友関係でイライラしているかもしれません。

これを想像できると『労わりたい』と思えますよね。

お悩み女性
そっか。自分ばっかり見ちゃうんですね…。
自分のことを話す前にちょっとだけ。相手のことを見てみましょう。
Ryota

お互いに愚痴る時間があってもいいんです

夫婦でケンカするよりよほどマシ。

でも夫婦間では感謝を伝えます。するとポジティブな気持ちで今日を終えることができます。

③ 相手ではなく自分に怒っているケースも多い

例えば…イライラしていて家族に強く言っちゃう旦那さんがいます。

これは家族に怒りたいんじゃないんですよ。

うまくできない。悩みを抱えている自分が腹立たしくてイライラしちゃうケースがあります。

お悩み女性
そんな方もいるんです…?
HSPさんに限定して言えば、理想の男性像・女性像と戦っている人がいます。
Ryota

本当は家族を楽させたい。

子どもに「格好いいパパ」を見せたいと思います。

でも会社で叱られ、涙ながら帰宅。転職も検討なら…そりゃ自分に怒りを覚えます。

こういう時に、

そのままでいいよ。私たちはあなただから大好きだよ。

と言ってあげることなんですね。この肯定が勇気になります。

まとめ:HSPさんは自分の意思を伝える努力をしましょう

HSPの夫婦関係を良好にする技は以下のとおりです。

  1. スキンシップやマッサージをする
  2. 細かいことでも感謝を伝える
  3. お互い1人の時間を持つ
  4. 自分の意見をわかりやすく伝える
  5. 「HSPだから」という伝え方をしない

もちろん、これは一例にすぎません。

共通の趣味を持ったり夫婦だけの時間を作るようにしたり。

そういう努力で夫婦関係は維持できます。ただし「努力は必要」です。

1番身近な人だから仲の良い状態を作るよう…植物に水を与えるよう大事にしてくださいね。

 

もしHSP関係や人間関係、夫婦のお悩みなら私の相談サービスも気軽にお使いください。

初月は無料で使えます。

メルマガを使った相談+HSPの情報が届くサービス。日本一のメルマガを決めるまぐまぐ大賞で新人賞1位も獲得しています。

利用者も続々増加していますので、皆さんの知識に役立ちますよ。

▼詳細はこちら▼

関連記事
HSPの教科書
【HSPの教科書】HSPアドバイザーが教えるHSPの生き方・働き方&質問回答集

続きを見る

以上『HSPの夫婦関係を良好にする技/日々の生活で試して欲しい5つのこと』と言う記事でした。

関連記事
HSPの子育てについて
【手を抜こう】HSPは子育てで悩みがち/あなたを助ける4つの考え方

続きを見る

関連記事
HSPの教科書
【HSPの教科書】HSPアドバイザーが教えるHSPの生き方・働き方&質問回答集

続きを見る

関連記事
HSPのカミングアウトについて
【大切】HSPってカミングアウトして大丈夫?注意点と相手に引かれないポイントを紹介

続きを見る

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

Ryota

HSPアドバイザー・メンタル心理カウンセラー・行動心理士。自身も強度のHSP。心理系の資格・様々な仕事経験・癒しの音楽を学んだ経験を生かし、HSP向けの相談や仲間作り・認知に向けた活動を続けています。まぐまぐ大賞2020年新人賞1位獲得。詳しくはこちら→プロフィール →著書

-HSP, HSPの恋愛・結婚

© 2021 ココヨワ | 苦しい人生を少し優しく。

\相談窓口【仕事や人間関係も大歓迎】/
【HSPの教科書】HSPの相談窓口・生き方情報が届く
相談はこちらから
\全国1000人以上が利用中!/
相談窓口・HSP情報はこちら