HSP HSPの生き方

50代でHSPと気づいた悩み/これからの仕事・人生の向き合い方とは?

50代でHSPと判断

「50代でHSPと気づいちゃった。でも、もっと早く知りたかった…。」

そんな悩みにお答えします。

当記事を読めば50代でHSPと気づいたHSPさんの生き方がわかります

 

HSPアドバイザーのRyotaです。

先日、スタンドエフエムのココヨワラジオにて50代の方からレターを頂戴しました。

お悩み女性
確かに、今までの人生が勿体なく感じますね。
その気持ちをスッキリさせることができます。
Ryota

当記事は、

  • 50代でHSPと気づいたHSPさんへ
  • これまでの人生を肯定する考え方
  • これからどのように生きていくといいか

をそれぞれお話します。

比較的皆さんから多く届くお悩みの1つ。ぜひお役立てください。

▼まず取り入れて欲しいこと▼

関連記事
HSPとの向き合い方
【簡単】HSPとの向き合い方/まず取り入れて欲しいことは1つ

続きを見る

▼頂戴したレターとラジオはこちら▼

1.50代でHSPと気づいたあなたへ。過去との向き合い方

今までも繊細さがあった

今までも繊細さがあった

以下の3つを考えましょう。

  1. これまでも繊細さ、敏感さは持っていた
  2. この年齢まで何とかやってこれた
  3. 繊細さ、敏感さは性格の全てではない

人はつい『もったいない』と考えてしまいます。

得をするより損をしたくないんです。これまで損をしてきたと思い込むのですね。

お悩み女性
そうそう。もっと早く気づきたかった…。
実際は言語化できてなくても、何かしら気づきはあったんです。
Ryota

その上で生活できたんですよね。それって凄いことです。

過去の全てがダメと思わず、これからに生かすことがポイントなんですね。

① これまでも繊細さ、敏感さは持っていた

  • 様々なことに気づきやすかった
  • 感動するシーンもあった
  • 今この瞬間にガラリと変わるわけではない

例えば、得意なことや苦手なことも自分なりに知っているかと思います。

お悩み女性
人混みとか苦手ですー!
その理由がわかった、ということですよね。
Ryota

理由を知らなくても、自分なりに上手に生活しようとはしてきたはず。

その自分を否定しなくていいんです。

ポイント

全てが「もったいない」わけではないのですね。

確かに方向性は手探りだったと思います。

でも、得られたものもたくさんあった…ということです。

▼もったいない…という心理はこちら▼

② この年齢まで何とかやってこれた

  • 今までも自分と付き合ってきた
  • 失敗しつつも、人生と向き合ってきた

諦めず、絶望せず、この年齢まで過ごしてきました。

これって凄いことなんです。時に投げやりになっちゃう方もいますからね。

お悩み女性
確かに何だかんだ乗り越えてきたのかも。
これまでの人生の全てを否定する必要はないんです。
Ryota

色々あったにせよ、仕事をして今まで食べてこれたんですよね。

HSPを知った瞬間に人生がガラリと変わるわけではありません。

今まで持っていたもの。大切な人間関係などを生かしつつ進むわけです。

これまでの人生全てが無駄ではないんです。

③ 繊細さ、敏感さは性格の全てではない

  • 繊細さ、敏感さは性格の一要素
  • 人間関係や環境なども自分の要素になる
  • 体力・自分の体格なども全て自分を構築する要素

繊細さ、敏感さは1つのパラメーターでしかありません。

私たちはゲームのキャラクターのように様々な要素を持ってます。

  • 協調性
  • 誠実かどうか
  • 内向的か、外向的か
  • ネガティブや不安にどう立ち向かうか
  • 仲間たちはいるか

数を上げればキリがありません。

繊細さ以外にも向き合うべきものはたくさんあるかもしれないのですね。

お悩み女性
そう思うと、自分の全てが変わるわけではなさそうですね。
そうなんです。計画性や責任感があれば、それは素晴らしいことです。
Ryota

HSPさんでもルールや約束を守れず、攻撃的な人はいます。

ずっと環境に恵まれ、肯定的にHSPを受け止める方だっていらっしゃいます。

自分を知る手がかりの1つとして受け止めると、捉えやすいです。

 

といっても、これからの人生や仕事にHSPの知識を役立てたいでしょう。

どのように考えていけばいいのかもお話しますね。

2.50代のHSPさんに伝えたい、これからの仕事・人生

50代HSPさんの仕事・人生

今にあった生き方をしよう

以下の4つを考えてみましょう。

  1. 繊細さ、敏感さの評価される方向に進もう
  2. 楽しい想像を増やしていこう
  3. 年齢を武器にしよう
  4. 今からでも、楽しい人生を選んでいこう

大切なのは『今からどうするか』になります。

他人と過去は変えられないもの。

「あの時ああすればよかった…。」という思考に捉われると、どんどんネガティブになります。

お悩み女性
どうせなら楽しく過ごしたいですね。
ですので、これからにHSPと判断したことを役立てていくことが大切です。
Ryota

そのために、年齢も自分の良さと考えていきましょう。

① 繊細さ、敏感さの評価される方向に進もう

  • 気づけることが評価される方向
  • 良い影響を受けられる場所

例えば、人の機嫌を敏感に察することが評価される場面もあるでしょう。

お悩み女性
難しいお話ですね…。
過去に看護師さんの例でお話がありました。
Ryota

とある医師の方が、HSP気質を持つ看護師さんを患者さんとのパイプ役にしたんですね。

そしたら、

  • 話しやすい、気持ちが軽くなった
  • 色んなことが話せるようになった

とのこと。これは繊細さが評価される状態です。まさに適材適所でしょう。

一方で『細かいことは気にするな!』という現場では評価されにくいかも知れません。

ポイント

恋愛などもそう。

細かい気づかいや配慮を喜ぶ人と、喜ばない人がいるでしょう。

自分の特性にあった人を選ぶことが『繊細さの評価』につながります。

② 楽しい想像を増やしていこう

  • 考え込むのなら楽しいことを考える
  • ネガティブでだけはなく、ポジティブな想像もする

「明日の上司の機嫌はどうかな…。」

という想像では、どんどん深く考えて疲れてしまいます。

お悩み女性
勝手にイライラした姿を想像してヘトヘトになります…。
これが好きな人ならどうでしょう?
Ryota

あなたの好きな人の想像なら、

  • 「この美味しい料理を食べさせたら、どんな顔をするだろう?」
  • 「これをプレゼントしたら喜ぶかな?」
  • 「この面白い話を聞かせてあげたい。」

といった内容を深く考えます。

これが楽しいことを深く考え、より幸せになれる方法です。

深く考える性質を良い方向性・ワクワクする内容にしましょう。

③ 年齢を武器にしよう

  • 50代だから『凄い』こともある
  • 今までの経験を面白みに変える

例えば、20代でムキムキマッチョな人は多いです。

でも50代は?60代は?徐々に減っていきますよね。

お悩み女性
その年齢の少数派になろう?っていうイメージです?
考え的にはそうですね。
Ryota

台湾の老夫婦がインスタで大人気なのをご存じでしょうか?

クリーニング店を営んでおり、お客さんの忘れていった服でコーデしているとのこと。

これ…若い人なら面白さは失われていると思うんです。

この年齢でご夫婦でオシャレをするから話題になっているんですよね。

どの年齢からも『面白いこと』はできます。自分の年齢も楽しんでいきましょう。

ポイント

なお、上記の台湾のクリーニング店ご夫婦はお孫さんからアイデアを頂戴したとのこと。

柔軟にアイデアを取り入れるのも素敵ですよね。

④ 今からでも、楽しい人生を選んでいこう

  • ピークエンドの法則を知ろう
  • 私たちは『今』に生きている

ピークエンドの法則は、

人は感情の揺さぶられた時と、後半を思い出しやすい

という心理学。これが全体の印象を作るんです。

お悩み女性
興味深いお話ですね…。
今から幸せを感じられると、今までも肯定的になるんです。
Ryota

過去は戻れません。そして私たちは今を生きています。

今からでもワクワクの多い人生を過ごせれば、今までの人生も『その過程』と感じられます。

幸せや楽しさを実感にするのに遅すぎることはないのですね。

まとめ:50代からでもHSPを知るのは遅くありません

50代でHSPと気づいた皆さんに知って欲しいのは以下の3つです。

  1. これまでも繊細さ、敏感さは持っていた
  2. この年齢まで何とかやってこれた
  3. 繊細さ、敏感さは性格の全てではない

過去を悔やんでも苦しくなるばかり。

でしたら、今からでも自分に合った世界を選んで欲しいと思います。

今の年齢だからできることを考えてみましょう。それは、今の若い世代のツールや考え方を取り入れることかもしれませんよ。


もしHSP関係や人間関係、人生の方向性でお悩みなら私の相談サービスも気軽にお使いください。

月550円で、皆さんの悩みが解決するような具体的な心理情報・日々の役立つ情報が届きます。

初月は無料で使えます。まずは1ヶ月、試しにお使い頂ければと思います。

いつでも誰かに相談できる安心感が、あなたの不安の解決に役立ちます。
相談をもっと身近に。もっと安価に。という思いを胸に、毎週心を込めてお届けしております。

メルマガを使った相談+HSPの情報が届くサービス。日本一のメルマガを決めるまぐまぐ大賞で新人賞1位も獲得しています。

利用者も続々増加していますので、皆さんの知識に役立ちますよ。
HSPさん向けのクローズな就職支援サービスも使うことができます。

▼詳細はこちら▼

関連記事
HSPの教科書
【HSPの教科書】HSPアドバイザーが教えるHSPの生き方・働き方&質問回答集

続きを見る

登録ページはこちら まぐまぐ HSPの教科書
クレジットカード以外の決済はnoteからご登録ください。
(内容はまぐまぐメルマガとほぼ同じです。)

以上『50代でHSPと気づいた悩み/これからの仕事・人生の向き合い方とは?』という記事でした。

関連記事
HSPとの向き合い方
【簡単】HSPとの向き合い方/まず取り入れて欲しいことは1つ

続きを見る

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

Ryota

HSPアドバイザー・メンタル心理カウンセラー・行動心理士。自身も強度のHSP。心理系の資格・様々な仕事経験・癒しの音楽を学んだ経験を生かし、HSP向けの相談や仲間作り・認知に向けた活動を続けています。まぐまぐ大賞2020年新人賞1位獲得。詳しくはこちら→プロフィール →著書

-HSP, HSPの生き方

© 2022 ココヨワ | 苦しい人生を少し優しく。

\相談窓口【仕事や人間関係も大歓迎】/
【HSPの教科書】HSPの相談窓口・生き方情報が届く
相談はこちらから
\全国1000人以上が利用中!/
相談窓口・HSP情報はこちら