HSP HSPの生き方

【安心】社会不適合者だと感じたHSPに伝えたい5つのこと/不安が強くネガティブになっているだけ

社会不適合者だと思ったHSP

「私って社会に溶け込めない…。社会不適合者なのかな。」

そんな悩みを持ったHSPさんにお答えします。

当記事を読めばHSPは社会不適合者じゃないことがわかります

 

HSPアドバイザーのRyotaです。

毎日100通ほどコメントや相談を頂戴します。社会不適合というキーワードもよく見かけるんですね。

お悩み女性
仕事も続かないし、自信もないし…。
ご安心ください。HSPさんそういう悩みを持った人は多いんですよ。
Ryota

当記事は、

  • 自分が社会不適合者だと思っているHSPさんへ
  • 何が悪いのか、何を考えればいいのか
  • その場所だけで考えない方がいいよ

というお話をします。

これからどうすればいいかもわかる内容です。ぜひお役立てくださいね。

▼HSPと自意識過剰について▼

関連記事
HSPの自意識過剰について
【安心】HSPが自意識過剰になるとどうなる?原因と3つの対処法を解説

続きを見る

▼HSPの仕事選びについて▼

関連記事
HSPの仕事選びについて
【保存版】HSPの仕事選び対策まとめ/向いている職業10選と共に解説

続きを見る

▼動画で観るならこちら▼

1.社会不適合者だと感じたHSPに伝えたい5つのこと

自分以外の責任割合を考えよう

自分以外の責任割合を考えよう

以下の5つです。

  1. 環境が悪い
  2. 方向性を間違えている
  3. 社会的自己を考える
  4. あなたを褒めてくれる方を探す
  5. 人に好意を持つ

社会不適合者という断定って自分を責めてるんですよ。

人は自分を責めると脳の一部分が活性化。気持ちよくなっちゃいます。

お悩み女性
そしてまた自分を責めちゃう…?
そうなんです。いっつも自分を責めてませんか?
Ryota

そうじゃなくて、ほとんどの問題って自分と他の要素に責任がある

10対0じゃなくて、5対5くらいなんですよ。そこをお話ししていきますね。

① 環境が悪い

  • 職場の人間関係が悪い
  • 家族が頑固。こうすべきと断定してくる
  • 自分を受け入れてくれる人がいない

ぶっちゃけ、今の狭い環境が問題です。

あなたを受け入れてくれる環境に身を置けば全て解決するんですよ。

そんなにスキルがないのに大企業に勤めれば劣等感でいっぱいになりますよね。

お悩み女性
確かに…。恋愛もそうですね。
そうなんです。体型の例えで申し訳ないですが、太れば太るほどモテる場所もあるんですよ。
Ryota

今の環境に合わせるんじゃなくて、環境を変えた方がラクだし早いんですよ。

② 方向性を間違えている

苦手を克服する考えをやめよう

苦手を克服する考えをやめよう

  • 必死に苦手なことを克服しようとしている
  • 皆と一緒になろうとしている
  • 学歴や過去の経験を無理に生かそうとしている

ペンギンは泳ぎが得意。でも歩くのは遅いし飛べません。

でも、飛ぼうと必死になっている…。これが苦手を克服しようとする人の動きです。

お悩み女性
そう思うと無理ですね。疲れちゃう。
空で活躍せず、海で活躍したらいいんですよ。
Ryota

方向性が間違っているってこういうことなんです。

人が苦手なのに自分を変えようとサービス業。それじゃ潰れます。

そうじゃなくて、コツコツと働ける現場の方が実力を発揮でき評価されますよね。

あなたの得意を生かす方向に考えを変えましょう。

ポイント

多くのHSPさんが努力の方向性を間違えています。

苦手な人に好かれる必要なんてないんです。その人には近寄らないのが1番。

それより、あなたを大事にしてくれる人を大事にすることなんですね。

③ 社会的自己を考える

  • あなたが見る自分と他人が見る自分は違う
  • あなたの当たり前は他人の当たり前じゃない
  • 意外に評価の高いものもある

社会的自己とは他人から見たあなたのことです。

あなたは自分がダメ。できないと思ってますが…他人から見れば違う可能性があるんです。

当たり前のことをホントにできない人っているんですよ。

お悩み女性
そんなものなんです?とりえもないですけど。
連絡が取れなくなる。納期を守らない。そんなフリーランスとか多いですから。
Ryota

職場でも遅刻だらけ。言い訳だらけ。そういう人と比べれば、真面目に働けるだけでも強みです。

普通ってだけで評価されるものなんですよ。

④ あなたを褒めてくれる方を探す

褒めてくれるサービスも使ってみよう

褒めてくれるサービスも使ってみよう

  • 褒められると自分を肯定できる
  • 各種サービスでは褒めるコーチがいる
  • 褒められる経験に近寄ろう

日本ってホント褒める文化がないんですよ…。

どちらかと言えばけなす。まだまだだと、謙虚になるよう指示する形が多いんですね。

自分に自信をつけるには褒められるのが1番なんです。

お悩み女性
ならどうしたらいいんです?
スポーツジムとか、人と一緒に何かする場所を考えましょう。
Ryota

そういう場所って比較的褒めてくれます。褒めることが効率的だと知ってるからです。

  • 習い事、スポーツジム
  • コーチング
  • 個人のトレーナー(スタイリストなどを含む)

こんなサービスに目を向けましょう。

特に個人だと低価格だし、最初から褒めて伸ばす系の人が見つかります。

あなたと一緒にキャリアを考えてくれる人も探しましょう。

ココナラの『悩み相談・カウンセリング』や『キャリア相談』を見るといいですよ。

 

タイムチケットも各種相談相手が見つかりますね。

⑤ 人に好意を持つ

  • 好意があると防衛的じゃなくなる
  • 人の凄さを認め、憧れる。応援してみる
  • 優しい人もいることを知る

社会不適合者って言葉には悲壮感があるんですよね。

自分をそう断定して、責めつつ…一方でそうじゃないって気持ちも入っています。

お悩み女性
劣等感や比較から離れられないんですよね。
そこで好意です。好意があると相手に攻撃性を持ちづらくなります。
Ryota

劣っている自分を守るため防衛的になり、よくない行動を取りやすいんですよ。

自分がピンチな時は人に助けてもらうこと。

人はそんな悪いひとばかりじゃないよって知ることから始めましょう。

そのためにはオンラインのカウンセリングなど使うのもお勧めです。

関連記事
オンラインカウンセリング
HSPにおすすめのオンラインカウンセリング3選/刺激が少なく、低価格で相談しやすい

続きを見る

 

続いて社会不適合者について。環境面を掘り下げてお話ししていこうと思います。

2.社会不適合者だと悩む原因は今の狭い環境

狭い場所でレッテルを貼るのはやめよう

狭い場所でレッテルを貼るのはやめよう

結局、社会じゃなくてその場所があってないだけなんですね。

社会って広いんです。

  • 働く場所
  • 住む地域
  • 所属する団体

色んな要素がありますよね。

大企業が向いてないなら中小企業に属してみる。これだけでも環境は変わります。

そしたら活躍して社会に溶け込めるかもしれません。

お悩み女性
確かに言われてみるとそうですね。
難しいことなんですけどね。人は手放すことが苦手なので。
Ryota

今と同じことを続けている理由ってないんですよ。

人は狭い社会で生きている

特にHSPさんはネガティブ思考になり変化を怖がる方が多い。

その結果、

家と会社の往復の人生

になりやすいんです。

するとどうなるか。会社に全てを求めるようになるんです。

  • 上司の意見は絶対
  • 会社で出会いを増やしたい
  • 出世しなければならない

それが崩れた時。他の居場所を見つければいいのに、社会不適合者だと断定しやすくなります。

転職だって自由なんですよ。

今の場所を絶対と思わないことが必要なんですね。

住む場所を変える、職場を変えるだけでも環境は変わる

環境は自分を変えるより簡単に変えられます。

人との比較。同世代の友人らとの比較で苦しいのなら遠く離れましょう。

お悩み女性
違う県に住んじゃうとかです?
それも1つの手です。ちょっと遠くで自分らしい生活を体験したらいいんですよ。
Ryota

すると、会社で出世とか。上を目指すだけが道じゃないってわかります。

特にHSPさんだと個人で肩書きを作ることが有効です。

資格を取って自分で仕事を作ってみるとか。そんなことが自分の肯定につながります。

つらい原因を手放してみよう

  • 学歴
  • 特定の人物
  • こうしなきゃダメという固定観念

例えば看護師の資格を取ったからといって、必ず看護師になる必要はありません。

保育園や教育の場でも看護師の資格を持った人は必要です。

健康面のお話をする講師でも活躍できますよね。

お悩み女性
確かに。調べてみると色々あるかも。
私たちはもったいない精神に縛られます。それが学歴だったりなんです。
Ryota

学んだことや経験は必ず役立ちます。あなたの考えにも影響してますよね。

それで十分じゃないかと思い、自分らしい生活を送ることを考えてください。

まとめ:HSPは社会不適合者じゃありません。安心しましょう

社会不適合者だと悩んだHSPさんに伝えたいのは以下のことです。

  1. 環境が悪い
  2. 方向性を間違えている
  3. 社会的自己を考える
  4. あなたを褒めてくれる方を探す
  5. 人に好意を持つ

この中でも環境が重要。

今の人間関係、住まい、仕事があなたの劣等感に影響します。

リゾート地でのんびりバイトしつつ暮らしたっていいんです。無理しない生き方を考えましょう。

 

以上、『【安心】社会不適合者だと感じたHSPに伝えたい5つのこと/不安が強くネガティブになっているだけ』という記事でした。

関連記事
HSPの自意識過剰について
【安心】HSPが自意識過剰になるとどうなる?原因と3つの対処法を解説

続きを見る

関連記事
HSPの仕事選びについて
【保存版】HSPの仕事選び対策まとめ/向いている職業10選と共に解説

続きを見る

関連記事
オンラインカウンセリング
HSPにおすすめのオンラインカウンセリング3選/刺激が少なく、低価格で相談しやすい

続きを見る

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
Ryota

Ryota

HSPアドバイザー・メンタル心理カウンセラー。自身も強度のHSP。心理系の資格・癒しの音楽を学んだ経験を生かし、HSP向けの相談や仲間作り・認知に向けた活動を続けています。まぐまぐ大賞2020年新人賞1位獲得。詳しくはこちら→プロフィール

-HSP, HSPの生き方

© 2021 ココヨワ | 苦しい人生を少し優しく。

\HSPの悩み相談窓口/
【HSPの教科書】HSPの相談窓口・生き方情報が届く
相談はこちらから
\全国900人以上が利用中!/
相談窓口・HSP情報はこちら