HSP HSPの仕事

HSPの介護士はどう働くべき?激務に疲れたら考えて欲しい方向性3つ

HSPの介護士について

「HSPに介護士ってどうなんだろう…。忙しいし疲れちゃった。」

そんな悩みにお答えします。

当記事を読めばHSPの介護士がどうすればいいのかわかります

 

HSPアドバイザーのRyotaです。HSPの介護士さんって多いんですね。

お悩み女性
やっぱり人の役に立ちたい気持ちありますもんね…。
そうなんです。HSPは感受性の高さから人助けを癒しにする方がいるんですね。
Ryota

でも、介護士は激務。素質は合っても環境がついていきません。

当記事は、

  • HSPの介護士に悩んでいるあなたへ
  • 介護士も働き方を選べるよ
  • 待遇に妥協はやめようね

という流れでお話ししていきます。

人を助ける仕事だからこそ、あなたにエネルギーがなくてはいけません。

これから介護士を目指すあなたもどうぞご覧ください。

▼HSP向け転職サービスを知る▼

関連記事
HSPの転職に使って欲しいサービス
HSPの転職に使って欲しいサービスまとめ/HSPの働き方も含めて解説

続きを見る

▼HSPの仕事選び情報を知る▼

関連記事
HSPの仕事選びについて
【保存版】HSPの仕事選び対策まとめ/向いている職業10選と共に解説

続きを見る

1.HSPの介護士に考えて欲しい3つのこと

HSPの介護士はメイン仕事以外でも悩むよ

HSPの介護士はメイン仕事以外でも悩むよ

以下の3つです。

  1. 素質はあるけど環境は向いていない
  2. 人助けと待遇は別物
  3. デイサービス含め検討する

HSPさんって介護士はもちろん、保育士や看護師になる方も多いです。

私自身も最初はサービス業に勤めました。

人の役に立ちたい、人助けがしたい

そういう気持ちが強いんですね。

お悩み女性
どうしてなんでしょうね…。特徴とは当てはまってないし。
社交的なHSEが多いんだと思うんです。HSEは人と関わって、人の役に立つことを求めます。
Ryota

介護士も素晴らしい仕事。その仕事を選択したあなたは素敵です。

ただ、介護士のメインの仕事以外に問題が隠れてるんですよね。

  • 夜勤
  • 扱いの難しい人
  • 悪い待遇

ここに目を向けると、このまま介護士を続けるべきかどうかも見えてきます。

① 素質はあるけど環境は向いていない

介護士になる素質と現場環境は別物

介護士になる素質と現場環境は別物

  • 人数不足
  • 交代制勤務の可能性がある
  • 笑顔で応対できるものばかりじゃない
  • 3K

まぁ激務ですよね…。

工場勤務レベルの大変さを考えた方がいいです。この点は看護師さんと一緒。

介護を必要とする人をサポートするわけですから責任も重いです。

お悩み女性
それは感じてました…。介護自体が避けられてますよね。
人数不足だと忙しさに直結します。
Ryota

昨日遅番だったのに今日は早番。その状態でニコニコ仕事ができるかどうかです。

人を助ける仕事って、

あなたが強いストレスを抱えていては失敗する

ものです。

カウンセリングが分かりやすいですね。

カウンセリングを必要とする人が他人にカウンセリングはできません。

HSPは人を助ける素質があります。でも環境次第で潰れてしまうんですよ…。

だからHSPで人を助ける仕事に就く場合…

他の仕事以上に環境選びが重要になってきます。

② 人助けと待遇は別物

人を助ける仕事ほど給与を見た方がいい

人を助ける仕事ほど給与を見た方がいい

HSPは深く物事を考える一方で、自分を認められない。

自己肯定感の低い方が多いです。

自己肯定感が低いと自分の評価を客観的に判断できません。

お悩み女性
低い給与で我慢しちゃうってこと…?
こんなもんかって思っちゃうんですよ。特に人助けに目を向けてると注意です。
Ryota

人を助ける神聖な感情になっちゃって、後のことを忘れちゃうんです。

仕事は労働の代わりにお金を得る行動。

しっかり働くならそれだけお金をもらって当然です。

そして、介護士は大変な仕事なので相応の待遇を考えた方がいいんですね。

  • 残業代、深夜手当はあって当然
  • 激務だからこそ休日はちゃんとある
  • あなたの生活も豊かにする

介護士は激務なのに薄給なところが多いです。

お金があれば気分転換もしやすい。安心にもつながります。

だから、今のストレスが待遇から来てないか考えて欲しいんですね。

③ デイサービス含め検討する

仕事量を減らして介護職を続ける道もある

仕事量を減らして介護職を続ける道もある

デイサービスの場合、基本的に日中勤務です。

介護士は派遣でも高時給。1,700円のお仕事もあります。

お悩み女性
あれ、それならいいお給与になるかも…。
そうなんです。例えばご結婚されていて正社員に限定しないなら1つの道ですよね。
Ryota

介護士に絶望して他のお仕事を探すのももちろんあり。

ただ、介護士そのものが問題ではなく環境が問題の可能性って高いです。

  • 夜勤ゼロ
  • 働く時間を減らす

この2つで続けられないかも検討しましょう。

年収は下がるかもしれませんが、ストレス少なく夢のお仕事が続けられます。

介護士の仕事探しに便利なサービス

介護士の現場に理解ある転職サービスを使おう

介護士の現場に理解ある転職サービスを使おう

介護求人のきらケア系サービスが充実しています。

派遣の場合は職場見学が可能。

担当者が就業後までサポートしてくれます。

【きらケア 派遣】

正社員向けの場合、面接に同行してくれます。

お悩み女性
えっ!心強い…HSPは安心かも。
飲食系でも同行サービスがありますね。
Ryota

あなたが緊張で上手に話せなくても、あなたの良さを伝えるサポートをしてくれます。

※同行は一部地域限定。可能地域かどうかはサポートに問い合わせてみましょう。

転職先をお探しの介護士さんに!【きらケア】

 

ブラックな介護求人を避けたい前提なら『しろくま介護ナビ』も人気。

きらケア同様に職員が現場に足を運んでチェックしています。

しろくま介護ナビ

 

続いてHSPの介護士はこんなことに気を付けるといいよね、というお話をします。

2.HSPの介護士に必要なこと

HSPの介護士は心に余裕を持つトレーニングをしよう

HSPの介護士は心に余裕を持つトレーニングをしよう

以下の3つです。

  1. ストレスをコントロールできる
  2. 人と他人の違いを認める
  3. いつまで続けるのか、検討をつけておく

人を助けるにはエネルギーが必要です。

自分に余裕を持つトレーニングや方法を知ることが必要なんですね。

お悩み女性
確かに…。メンタルは考えないとですね。
後は激務をどこまで続けるか。将来どうなりたいかです。
Ryota

これから高齢化はますます進みます。

介護職の需要は増えますが仕事量も増えるばかりでしょう。

介護を別で活かせないか。サブ的な立場に回れないかも検討して損はありません。

① ストレスをコントロールできる

職場以外のストレスを減らすことも考えよう

職場以外のストレスを減らすことも考えよう

  • 癒しを増やす
  • ストレスを受けた時の状況をメモする
  • ストレスを受けた後の行動をメモする

あなたがストレスを受ける状況って大体決まってるんですね。

それを『意識』して回避。

ストレスを受けた時に何をするかまで決めておきます。

お悩み女性
それがストレスのセルフケアなんですね。なるほど。
今日は疲れたからビールを1本♪なんてのもストレス解消には役立ってるんですよ。
Ryota

介護士はストレスの大きな職場。

プライベートでもストレスがいっぱいなら抱えきれず潰れます。

早い段階でストレスに目を向けて、無理をしていたら休むことを覚えましょう。

② 人と他人の違いを認める

たくさんの人と会うので、疑似的に壁を作ろう

たくさんの人と会うので、疑似的に壁を作ろう

怒りをコントロールします。

HSPは人との境界があいまいと言われます。

お悩み女性
確かに他人の感情は読み取っちゃうかも…。
逆に相手に求めることもあるんですよ。
Ryota

HSPは幼いころから親の言うことに反論せず生きてます。

※もちろん人によって環境は違います。その点はご容赦ください。

なので、しつけやマナーに厳しい方が多いんですね。

  • こうすべき
  • どうしてあんなことをするの?
  • 協調性がないのホントダメ

という考えですね。

思いどおりにならないのでイラっとします。

イラっとしても相手に伝えるのは苦手。言い出すこともできません。

イライラを家に持ち帰り疲れちゃうんですね…。

だからアンガーマネジメントなどの資格に挑戦すると役立ちます。

▼HSP向けの資格を知る▼

関連記事
HSPにおすすめな資格
【保存版】HSPにおすすめな資格7選/就職にも個人の仕事にも使える

続きを見る

③ いつまで続けるのか、検討をつけておく

ずっと介護を続けるか、別でつながるか

ずっと介護を続けるか、別でつながるか

介護士に限った話ではないのですが…。

激務・体力勝負の仕事ってどこかで身体がついていかなくなります。

お悩み女性
確かに50代になってからは不安かも…。
私は30代で交代制についていけなくなりましたね。
Ryota

夜勤があるのに人数が少ない。

設備が悪くてマンパワーで動かすことが多い。

そういう職場は早めに抜けた方が安心じゃないですか。

働き方も検討します。

  • 結婚しても正社員を続けるのか
  • お金とストレスのどちらを取るのか
  • 将来的に管理職が狙えるのか

こんなことも少しでいいから意識してみましょう。

私は40歳まで独立を最初から考えてました。

私の場合は工場でしたが、明らかに体力が持たなくなりそうだったんですね。

お金を貯めて生活の基盤が整ったら後は派遣。そういう選択肢もあります。

まとめ:HSPの介護士は自分にも目を向けましょう

HSPの看護師に考えて欲しいことは以下の3です。

  1. 素質はあるけど環境は向いていない
  2. 人助けと待遇は別物
  3. デイサービス含め検討する

介護の現場って職場で真っ二つなんですね。

人が多く、給与もいい職場があります。

そこに入るにはどうすればいいか?を真剣に考えてみましょう。

人助けするためには常にストレスの低い状況が必要です。

ストレスケアなどメンタル面の勉強も含めてご検討くださいね。

 

以上、『HSPの介護士はどう働くべき?激務に疲れたら考えて欲しい方向性3つ』という記事でした。

関連記事
HSPの転職に使って欲しいサービス
HSPの転職に使って欲しいサービスまとめ/HSPの働き方も含めて解説

続きを見る

関連記事
HSPの仕事選びについて
【保存版】HSPの仕事選び対策まとめ/向いている職業10選と共に解説

続きを見る

関連記事
HSPにおすすめな資格
【保存版】HSPにおすすめな資格7選/就職にも個人の仕事にも使える

続きを見る

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
Ryota

Ryota

作曲家|メディア運営|フリーライター|HSPアドバイザーのパラレルキャリア。強度のHSPで社交的なHSE。様々な仕事を経験した後に独立。心理学や癒しの音楽を学んだ経験から、疲れた人に役立つ情報を発信しています。詳しくはこちら→プロフィール

-HSP, HSPの仕事

© 2020 ココヨワ | 苦しい人生を少し優しく。

\初月無料!700名以上が参加中/
【HSPの教科書】HSPアドバイザーが教えるHSPの生き方・働き方&質問回答集
詳細記事はこちら
\毎週20,000文字ほどでお届け!700名参加!/
HSPの相談・仲間作り情報