HSP HSPの生き方

【取り入れよう】HSPの生活ポイント/暮らしやすくなる7項目を発表!

HSPの生活情報

「HSPだと判断したらどういう生活をしたらいいんだろう?」

そんな悩みにお答えします。

当記事を読めばHSPの生活ポイントがわかります

 

HSPアドバイザーのRyotaです。

HSPの生活は細かい習慣の改善が有効。いきなり大きな変化を考える必要はありません。

お悩み女性
それは嬉しい♪具体的にはどうしたらいいんです?
例えば自転車で出かけることを増やすとかですね。
Ryota

当記事は、

  • HSPだとわかったあなたへ
  • HSPが暮らしで何を取り入れたらいいか
  • HSPが何を学ぶと生活が豊かになるか

そんなお話をします。

心理面ではなく、もっと生活に密着した部分でお話ししていきますね。

ぜひお役立てください。

▼HSPにおすすめの趣味▼

関連記事
HSPにおすすめの趣味
【よしやろう】HSPにおすすめの趣味7選/アンケート・コメントから厳選した内容

続きを見る

▼動画で観るならこちら▼

1.HSPの生活ポイント/暮らしやすくなる項目まとめ

HSPの生活は小さな習慣から整えよう

HSPの生活は小さな習慣から整えよう

以下の7つです。

  1. 車を1台にする。または持たない
  2. 自転車通勤
  3. 小さくていいので戸建て
  4. スマホはあまり使わない
  5. お金の勉強をする
  6. 保険はほどほどに
  7. 食費をケチりすぎない

HSPさん、将来に対して不安になる方が多いです。

そして将来や生活の不安はお金の不安になりやすいんですね。

お悩み女性
お金に対する不安を解決するのが鍵…?
収入を増やすより支出を減らすことですね。
Ryota

後は住まいの環境。そして人からの刺激を減らすことです。

それぞれ解説していきますね。

① 車を1台にする。または持たない

HSPは車を使うか考えよう

HSPは車を使うか考えよう

  • 車は1台で年間50万前後の出費(買い換え・保険費用含む)
  • HSPさんは車で疲れる方が多い
  • 車のために働く状況になりやすい

環境にもよるんですが、車を無理して持つ必要はないなと思ってます。

車1台で生涯2,000万円かかると言われていますからね。

お悩み女性
えっ…子ども1人育てるのと同じくらい。
しかも地方だと高級車がステータスみたいな感じになってます。
Ryota

軽自動車でさえ買い換え費用を含めれば年間支出が40万以上。

パートのために車を買ったら…パート労働の半分は車で消えます。何のために働いているかわかりません。

今って必要な時だけカーシェア使う方も増えてます。

改めて車の必要性と向き合って欲しいなと思います。

▼HSPさんへ車アンケートの結果▼

関連記事
HSPの車の運転
HSPは車の運転が得意?苦手?1,113名のアンケート調査から答えを解説

続きを見る

② 自転車通勤

  • 渋滞の面倒がなくなる
  • 運動になる
  • 車の台数が減るかもしれない

満員電車と渋滞のストレスがなくなります。

この2つって…戦場にいる兵士くらいのストレスになるってデータがあるんですよ。

お悩み女性
やばいですね。戦場と一緒とか。
特にHSPさん人混みがヤバイ。刺激だらけなんですよ。
Ryota

肌が触れるのも不快。臭いも不快。音も不快。

そして、えん罪や盗難の不安とも戦わなければなりません。会社に行く前に疲れます。

自転車で30分くらいなら自転車通勤を検討しましょう。悪天候以外は快適です。

我が家も自転車通勤に切り替えました。

真夏と真冬は大変ですが…。車を2台持たなくていいのは最高です。

お仕事にもよりますが、更衣のあるお仕事なら検討する価値がありますよ。

③ 小さくていいので戸建て

HSPは早く騒音ストレスから解放されよう

HSPは早く騒音ストレスから解放されよう

  • 壁1枚先に他人がいることが不快
  • HSPは住まいでリラックス度が変わりやすい
  • ただし、近隣問題には注意が必要

アパートの騒音問題って解決に限界があるんです。

空気の振動はともかく、物理的な振動の音って対処が難しいからです。

お悩み女性
物理的な振動…。足音とかです?
そうです。後は低音ですね。
Ryota

1度音が気になると、そこに住む人影まで想像してしまうのがHSP。

私もアパートの騒音問題がつらくて早くに戸建てを立てました。

一軒家にしてからはまぁ快適。睡眠の質も上がり快適になりました。

注意ポイント

小さな家なら…土地次第でアパート代レベルの住宅ローン支払いにできます。

我が家は頭金650万で土地を買い、後は月々6万ほどの支払いです。

ただし、戸建ては周りの家に影響されます。問題のない土地を選ぶことは大切。

④ スマホはあまり使わない

  • スマホは他人と繋がるツール
  • 音や光の刺激が強い
  • モヤモヤする意見に巻き込まれやすい

スマホを触ると受動的な情報が多すぎなんです。

例えばLINE。調べ物をしている最中に誰かからのLINE通知。返信すべきか悩みますね。

お悩み女性
わかります…。誰かに監視されているみたい。
これってスマホゲームもそうなんですよ。
Ryota

ログインしないとフレンドを切ってくる人がいます。

たかがゲーム…という考えにならないと、HSPさんそれだけで参っちゃいます。

基本的にスマホは触らない。通知をミュート。

あまり連絡を取らないキャラになった方がラクですよ。

⑤ お金の勉強をする

お金に興味を持ち、仕組みを知ろう

お金に興味を持ち、仕組みを知ろう

  • お金は知らなきゃ損な制度ばかり
  • 早い段階で興味を持つと、稼ぎ方もわかってくる
  • HSPは仕事で悩みやすい

日本ってお金の話をすると汚いとか、人格否定されるケースが多いです。

でも、お金って大事。生活に絶対必要だからです。

お悩み女性
そうなんですよ。お金欲しい…。
まぁ簡単に稼げる方法もありませんけどね。大事なのはまず仕組みから。
Ryota

例えば、クラウドソーシング等を使い個人で月1万くらいは稼げる時代になってます。

節約や資産運用もツールを使えば割と簡単。

ロボットに任せる運用系ツールも…長期的に見ると悪くない数字ですからね。

失業手当はもちろん、申請すればお金がもらえることもたくさんあります。

ファイナンシャルプランナー3級の資格を自分のために取得するのもおすすめです。

こっそり失業手当の申請も2ヶ月後にできるようになってますからね。書籍で学びましょう。

関連記事
HSPにおすすめな資格
【保存版】HSPにおすすめな資格7選/就職にも個人の仕事にも使える

続きを見る

⑥ 保険はほどほどに

  • HSPは不安からたくさん保険に入りやすい
  • 保険貧乏になると本末転倒
  • 定期的に見直しも必要

人それぞれ不安が違います。その不安を解消するのが保険。

でも、全部の保険に入ることなんてできないんですよ。予算を決めましょう。

お悩み女性
そうですよね。でも医療も給与も不安…。
解決できないかも想像しましょう。
Ryota

保険の予算が3万として、その3万で何をカバーするかですよね。

これは人それぞれ違うので断言はできませんが…。予算を決め、それ以上は入らない方がいいかなとも思ってます。

保険のため日々の生活がカツカツなら意味がありませんから。

ポイント

我が家は最低限の保険にしか入ってません。

生命保険2種類だけですね。(外貨積立1つ、掛け捨て1つ。その中にガン保険含む。)

というのも、日本は健康保険が優秀。それにまとまった貯金があればよほど何とかなるからです。

※あくまで我が家の場合。

⑦ 食費をケチりすぎない

食費の節約には限界がある

食費の節約には限界がある

  • 食費より通信費や車を削った方が節約になる
  • 食は幸せや健康に関わる
  • 食は交際にも発展する

日本って食と密接な関係の文化なんです。

というのも、ハグや家でパーティの文化がないからです。

お悩み女性
確かに。外食が生きがいってところもあるかも。
外国だと幸せを感じる上位が配偶者や家族との触れ合いですからね。
Ryota

日本人が幸せを感じる1位が飲食なんです。飲食店も多いし、こだわりも見られますよね。

だから食費をケチるのは最後にしましょう。

HSPさん割とストイックになりがちなので…。

食の楽しさまで奪うと人生そのものがつらくなる可能性がありますよ。

 

HSPが暮らしやすくなる情報をお話してきました。

では逆に生活がつらくなっちゃう理由は何なのか…。あわせて解説していきます。

2.HSPが生活で生きづらくなってしまう代表的な理由

HSPは生活上の注意点を理解しよう

HSPは生活上の注意点を理解しよう

以下の3つです。

  1. 苦手なグループに属する
  2. 住まいの環境が悪い
  3. 出費が多い

人間関係・お金・住む環境の3つを考えようねってことです。

お悩み女性
やっぱり住まいも大切なんですね…。
例えば左右と上にうるさい人が住んでたらアウトですからね。
Ryota

些細なことで自分の首を絞める結果になっちゃいます。

1つずつ注意点を見て、改善できないかも考えてみましょう。

① 苦手なグループに属する

  • 噂好き、悪口好きなグループ
  • 意識高すぎなど場違いなグループ
  • 全く興味がない。時間の無駄なグループ

ママ友グループを想像するとわかりやすいんですよ。

噂好きなグループって自信のないグループ。誰かをネタにしないとつまらない関係です。

そのグループに入っちゃうと…抜け出せば攻撃対象になるんです。

お悩み女性
なるほど。確かにHSPさんはつらそう。
会社を辞めたいけど辞められない状況と似ています。
Ryota

HSPさんは下手な人と一緒より1人の方が気楽です。

これを大前提にしましょう。

② 住まいの環境が悪い

  • 構造的に音が響く
  • 周りにうるさい人が多い、周りの建物がうるさい
  • 暑い、寒い

HSPさんにとって家は回復場所。

RPGで言えば宿のようなものです。本当に1人の時間になりますからね。

でも受動的な刺激があると別なんです…。

お悩み女性
それが騒音とか人から見られやすいってことです?
そうです。周りの部屋の音が聞こえたら嫌ですよね。
Ryota

逆に自分が周りに迷惑をかけていないかも考えます

大通りに面してたら洗濯物を干すのも不安。ジロジロ見られる不安もあるでしょう。

なので、早めの戸建て住まいやいいアパートに住むのは大切なんです。

軽量鉄骨でも音は響きますからね。

家族でアパートに住んでいる人がいるなら注意しましょう。基本的に人の多い方が騒音は発生しやすいです。

③ 出費が多い

  • 固定費が高い
  • 出費が多いと稼ぐ金額を増やさないといけない
  • 貯金が貯まらない

出費が少なければ稼ぐ額が少なくても何とかなります。

出費が少ないとそれだけプレッシャーが減るんですよ。

お悩み女性
なるほど…。確かに固定費が少ないといいかも。
その割にお金に無頓着な方って多いんですね。
Ryota

何となく不安だから、クレジットカードは使わない。格安SIMは使わない…。

理由があって使わないなら納得です。

でも何も考えず高いもの、得をしないものを使う必要ってないんですよ。

実は食費や光熱費より通信費・家賃・車代の改善が優先ですからね。

悩んだらファイナンシャルプランナーさんに相談もアリです。

まとめ:HSPは支出を減らし、生活に余裕を持ちましょう

HSPの生活に取り入れて欲しいことは以下のとおりです。

  1. 車を1台にする。または持たない
  2. 自転車通勤
  3. 小さくていいので戸建て
  4. スマホはあまり使わない
  5. お金の勉強をする
  6. 保険はほどほどに
  7. 食費をケチりすぎない

もちろんできること、できないことがあります。

20代前半独身で戸建てに住むのもどうかなって思いますからね。

見栄や世間体で考えず、あなたの生活におけるメリットとデメリットを考えましょう。


もしHSP関係や人間関係、人生の方向性でお悩みなら私の相談サービスも気軽にお使いください。

月550円で、皆さんの悩みが解決するような具体的な心理情報・日々の役立つ情報が届きます。

初月は無料で使えます。まずは1ヶ月、試しにお使い頂ければと思います。

いつでも誰かに相談できる安心感が、あなたの不安の解決に役立ちます。
相談をもっと身近に。もっと安価に。という思いを胸に、毎週心を込めてお届けしております。

メルマガを使った相談+HSPの情報が届くサービス。日本一のメルマガを決めるまぐまぐ大賞で新人賞1位も獲得しています。

利用者も続々増加していますので、皆さんの知識に役立ちますよ。

▼詳細はこちら▼

関連記事
HSPの教科書
【HSPの教科書】HSPアドバイザーが教えるHSPの生き方・働き方&質問回答集

続きを見る

登録ページはこちら まぐまぐ HSPの教科書
クレジットカード以外の決済はnoteからご登録ください。
(内容はまぐまぐメルマガとほぼ同じです。)

以上、『【取り入れよう】HSPの生活ポイント/暮らしやすくなる7項目を発表!』という記事でした。

関連記事
HSPにおすすめの趣味
【よしやろう】HSPにおすすめの趣味7選/アンケート・コメントから厳選した内容

続きを見る

関連記事
HSPにおすすめな資格
【保存版】HSPにおすすめな資格7選/就職にも個人の仕事にも使える

続きを見る

▼動画で観るならこちら▼

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

Ryota

HSPアドバイザー・メンタル心理カウンセラー・行動心理士。自身も強度のHSP。心理系の資格・様々な仕事経験・癒しの音楽を学んだ経験を生かし、HSP向けの相談や仲間作り・認知に向けた活動を続けています。まぐまぐ大賞2020年新人賞1位獲得。詳しくはこちら→プロフィール →著書

-HSP, HSPの生き方

© 2021 ココヨワ | 苦しい人生を少し優しく。

\相談窓口【仕事や人間関係も大歓迎】/
【HSPの教科書】HSPの相談窓口・生き方情報が届く
相談はこちらから
\全国1000人以上が利用中!/
相談窓口・HSP情報はこちら