HSP HSPの人間関係

【提案】メールが苦手なHSPさんはどうする?3つの対処法と気疲れを減らすコツ

メールが苦手なHSP

「人と対面で話すのはいいんだけど、メールの冷たい感じが苦手…。」

そんな悩みにお答えします。

メールが苦手なHSPさんへ対処法をお話ししますね

 

HSPアドバイザーのRyotaです。

私が運営しているHSPさん向け相談サービス『HSPの教科書』からメールのご相談を頂戴しました。

お悩み女性
メールって顔が見えないから厳しく感じちゃうんですよね…。
わかります。ZOOMはいいけどチャットワークはダメって方もいますからね。
Ryota

当記事は、

  • メールで疲れてしまったHSPさんへ
  • どういう対処法があるのか
  • どうすれば気疲れが減らせるのか

をお話しします。

人と話すのはいいけど、メールは苦手。そんなHSPさんはぜひご覧ください。

▼嫌味な人への対処法はこちら▼

関連記事
嫌味な人への対処法
【簡単】嫌味な人への対処法/どうして人を悪く言うのか…原因も解説

続きを見る

▼HSPが苦手な人はこちら▼

関連記事
HSPが苦手な人のまとめ
【保存版】HSPが苦手な人のまとめ/合わない人の特徴を知り、距離を取ろう

続きを見る

1.メールが苦手なHSPさんへ。おすすめの対処法3つ

HSPさんは文字から感情を考えない方がいい

HSPさんは文字から感情を考えない方がいい

以下の3つです。

  1. 相手の笑顔の顔写真を貼る
  2. メールを見る時間を決める
  3. 言葉にしてみる

ご相談で多いのが、

「相手が怒っている気がする。冷たい気がする。」

という『思い込み』なんです。

お悩み女性
あ、でもわかります…。メールだといつも元気な人も怖い…。
それって文字には感情がないからです。
Ryota

例えば『!』や『?』をたくさん使えたらいいですよね。

顔文字や絵文字。LINEスタンプも言葉が柔らかく感じます。

でも仕事上のやり取り、事務的なやり取りは感情が入り込みません。

  • 怒ってない?
  • イライラしてない?
  • 舌打ちしてない?

頭の中でネガティブに考えて疲れちゃうんですね。

メールは小説とは違います。小説なら感情までわかるようにプロが書いてますから。

なので、文字以外で相手を『思い出すこと』が必要になります。

① 相手の笑顔の顔写真を貼る

顔写真を見て相手を想像しよう

顔写真を見て相手を想像しよう

頭の中で相手の顔や声をネガティブに変換しちゃいますよね。

なら、その変換をポジティブにするよう助けてあげます。

  • 笑顔の写真を見る(貼っておく)
  • メールを見る前に相手の喜んでいる動画を見る
  • 相手の声を聴く

たったこれだけのことでも印象が変わります。

お悩み女性
なるほど…ちょっと写真探してみます!
その人が会話している想像をするよより効果的です。
Ryota

HSPさんは深く物事を考えます。

テキストで「怒っているかも。」と思ったら、その相手が怒っちゃう想像をするんです。

その想像力をプラスに活かす方法ですね。簡単なのでぜひお試しください。

② メールを見る時間を決める

メールの通知でドキドキするのを減らそう

メールの通知でドキドキするのを減らそう

メールが怖くなると逆に意識しちゃいます。

  • いつも返信をチェックする
  • 通知があると心臓がドキっとする
  • チェックしたいけどしたくない…という状態

気疲れしますよね。

お悩み女性
そうなんです。ますますメールが怖くなります…。
パソコンメール程度ならいいんですけどね。スマホだと逃げられないじゃないですか。
Ryota

これでは心が持ちません。

なので、通知を切りチェックする回数を制限することです。

見なければ疲れません。そのメール内容が疲れるものかどうかはチェックしないとわからないですよね。

チェックせずに疲れる必要はないんです。

ポイント

スマホもパソコンも開かない。使わない時間を作るといいですよ。

特に眠る前ですね。眠る2時間くらい前は人との関わり・つながりを制限しましょう。

緊急性のある場合の連絡方法だけ決定しておけば安心です。

③ 言葉にしてみる

文字を言葉にして理解してみよう

文字を言葉にして理解してみよう

テキストだけで内容を判断すると、都合のいいように頭の中で作り変えられます。

「明日までに提出してください。」

これを明るく伝えるのと、厳しく伝えるのでは印象が変わります。

HSPさんは『自分が疲れる方・責められる方』に変換しやすいんです

お悩み女性
確かに厳しく言われている気がする…。
深く考えでネガティブになっちゃいますからね。仕方ないことです。
Ryota

例えばロボットに読み上げてもらうだけでも変わりますよ。

TV番組『モヤモヤさまぁ~ず』のナレーションがロボットです。

ReadSpeakerというツールが使われています。200文字までならデモで読み上げてもらえますよ。

ぜひお試しください。

参考 ReadSpeaker

 

ここまでは具体的な内容でした。

続いて、メールでの気疲れそのものを減らすコツをお話ししていきます。

2.HSPがメールの気疲れを減らすコツ

相手の印象を明るくしよう

相手の印象を明るくしよう

以下の3つです。

  1. 普段の相手を想像する
  2. 可能なら適度に顔を合わせる
  3. 報告書だと思う

以下の動画も参考になります。

私自身もHSPなのでメールやLINE・チャットワークが苦手。

全然そんなことはないのに、相手が怒っている想像をするためです。

これを解決できると少ない気疲れで連絡が取り合えますよ。

① 普段の相手を想像する

怒っていない人物像を作ろう

怒っていない人物像を作ろう

既に対処法でお話したことですね。

  • 笑顔を想像する
  • 柔らかい口調を覚える
  • 普段の状態を覚えておき、それでメールを見る

普段厳しい上司っているじゃないですか。

でも会社外でご飯を食べるとすごく優しい。怒りたくて怒ってるわけじゃないってわかります。

お悩み女性
あ、その後は少し話しやすくなりますね。
そうなんです。心の内がわかりますし優しい印象が残るためですね。
Ryota

これと同じなんですよ。

特に男性はメールを淡泊にしがち。絵文字や顔文字が『面倒』なんですね。

大事なのはメールじゃなくてその人の人物像。普段の相手がイメージしやすい環境を作りましょう。

② 可能なら適度に顔を合わせる

1ヶ月に1回くらい顔を合わせると安心だよ

1ヶ月に1回くらい顔を合わせると安心だよ

できれば2週間に1回ほど。最低でも1ヶ月に1回は顔を合わせましょう。

というのも、相手の印象ってリセットされちゃうんです。

お悩み女性
しばらく会わないとまた冷たく感じるってことです?
そうなんです。徐々に忘れてしまうんですね…仕方ないことですが。
Ryota

笑顔で話した記憶も1週間くらいで弱くなり…。

2週間後には元通り。1ヶ月経つとほぼ忘れます。こうなるとまた会うしかないんです。

恋愛で会わないと寂しくなるのと似ていますね。

会わない期間が長いと不安になるじゃないですか。そのイメージで考えればわかりやすいです。

なお、オンライン対面でも構いません。ZOOMなど各種ツールでリモートの顔合わせを考えましょう。

③ 報告書だと思う

内容に安心を求めないようにしよう

内容に安心を求めないようにしよう

メールやLINEって人それぞれ使い方が違います。

機械的に『報告する物』と思って使っている方がいるんですね。

お悩み女性
あ、わかる気がします。内容が伝わればいいって感じ…。
これも男性に多いですね。もちろん女性でもいらっしゃいます。
Ryota

細かく連絡するくらいなら『会った方が早い』『電話の方がラク』。

そういう方は事務的なメールになります。

  • 短文
  • 機械的
  • 要点だけまとめる

これって使い方の違いじゃないですか。

社内文書に顔文字や絵文字が入っていないのと同じ。その感覚で読みましょう。

すると、報告書なんだなって意識になるので気疲れしづらくなります。

まとめ:メールで感情を読み取らないよう考えましょう

メールの苦手なHSPさんに試して欲しいことはこちらです。

  1. 相手の笑顔の顔写真を貼る
  2. メールを見る時間を決める
  3. 言葉にしてみる

HSPは感受性が豊かです。

感情に目を向けるから、見えない相手の感情まで想像しちゃうんですね。

そのサポートをしてあげるとメールもちょっとラクになりますよ。

 

以上、『【提案】メールが苦手なHSPさんはどうする?3つの対処法と気疲れを減らすコツ』という記事でした。

関連記事
嫌味な人への対処法
【簡単】嫌味な人への対処法/どうして人を悪く言うのか…原因も解説

続きを見る

関連記事
HSPが苦手な人のまとめ
【保存版】HSPが苦手な人のまとめ/合わない人の特徴を知り、距離を取ろう

続きを見る

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
Ryota

Ryota

HSPアドバイザー・メンタル心理カウンセラー。自身も強度のHSP。心理系の資格・癒しの音楽を学んだ経験を生かし、HSP向けの相談や仲間作り・認知に向けた活動を続けています。詳しくはこちら→プロフィール

-HSP, HSPの人間関係

© 2020 ココヨワ | 苦しい人生を少し優しく。

\HSPの悩み相談窓口/
【HSPの教科書】HSPの相談窓口・生き方情報が届く
相談はこちらから
\全国800人以上が利用中!/
相談窓口はこちら