HSP HSPの生き方

【大切】HSPはお金の節約が大事!固定費削減の方法+仕事量を減らすポイント

HSPとお金の話

「HSPさんってお金で悩まない?どう考えていけばいいんだろう。」

そんな悩みにお答えします。

当記事を読めばHSPとお金の悩みが解決します

 

HSPアドバイザーのRyotaです。

これまでにHSPさんから「お金で悩む…。」というご相談をたくさん頂戴してきました。

お悩み女性
どうして皆さんお金で悩んじゃうんだろう?
不安解決にお金を使ってしまうこと。そして、仕事が続かないことです。
Ryota

当記事は、

  • お金で悩むHSPさんへ
  • どうしてHSPさんがお金で悩みやすいのか
  • 私も実践している最低限の固定費にする方法
  • 固定費削減と仕事量を減らす話

この流れでお話をしていきます。

気になるけど皆さん教えてくれない内容です。ぜひ最後までお役立て頂ければと思います。

▼HSPの転職に便利なサービスまとめ▼

関連記事
HSPの転職に使って欲しいサービス
HSPの転職に使って欲しいサービスまとめ/HSPの働き方も含めて解説

続きを見る

▼HSPのストレス解消について▼

関連記事
HSPのストレス解消方法
【保存版】HSPのストレス解消におすすめな18の方法/特性にあったものを選び試そう

続きを見る

▼関連するラジオ▼

1.HSPとお金問題。なぜHSPがお金で悩みやすいのか

HSPはお金で悩みやすい

HSPはお金で悩みやすい

以下の3つが理由です。

  1. 不安解消にお金を使いやすい
  2. 仕事が続かない、転職回数が多い
  3. 他人と比較してお金を使ってしまう

HSPさんは深く物事を考えます。不安になっちゃうんですね…。

結局、お金を使うことって『悩みの解決』なんですよ。

お悩み女性
確かに…。ついつい使っちゃいます。
果物1つでもそうですよね。安心安全なものは値段が高いです。
Ryota

不安が強い人ほどお金を使っちゃいやすい。

他にも仕事や比較など。ついついお金が減ってしまうシーンがあります。

① 不安解消にお金を使いやすい

  • 心が不安 → カウンセリングなど
  • 病気が不安 → 必要以上の保険
  • 軽自動車は不安 → 維持費の高い普通車

考えればキリがありません。

お金を使えばよいサービスは受けられます。しかしお金は減ってしまいます。

お悩み女性
確かに。保険とかわかりやすいですね…。
スマホでもたくさんオプションをつけたりしちゃいます。
Ryota

実は無駄なことにもお金をたくさん使っている。

気づかずに固定費を上げてしまっているHSPさんが多いと感じますね。

② 仕事が続かない、転職回数が多い

  • 短期間で転職するので昇給昇進がない
  • 仕事をしていない期間がある

私がHSPさんに仕事のアンケートを取ったところ、転職回数が多いことがわかりました。

仕事は安定が1番です。

アルバイトでも派遣でも、安定していれば収支のバランスを取りやすいからです。

仕事が不安定になっていると…収入も不安定なんですね。

お悩み女性
私も身に覚えがあるのでわかります…。
私も転職を繰り返した時期は年金を払うのすら厳しかったです。
Ryota

仕事が続かなければお金が足りない!ってなりますよね。

③ 他人と比較してお金を使ってしまう

  • 他人と同じものが欲しくなる
  • 他人がいいと言ったものを買ってしまう
  • 見栄に必死になる

これは他人評価が強くなっているHSPさんに多い問題。

他人の意見が自分の意見になります。なので、他人と同じものを買わなきゃダメ!ってなるんです。

お悩み女性
でも他人って何十人・何百人といますよね。
そうです。だから終わりがないんです。
Ryota

こうなると表面的な付き合いも増えます。交際費貧乏になっちゃうHSPさんもいらっしゃいます。

 

私自身も強度のHSP。

しかし個人で独立していることもあり、お金には人一倍厳しくしてきました。

そんな私の節約・固定費の削減を具体的にお話ししていきますね。

2.【実践しよう】HSPの私が実践する固定費の削減方法

大きなことから節約しよう

大きなことから節約しよう

我が家は4人暮らし。あんまりお金は使ってません。

楽しみといえば旅行くらいでしょうか。

お悩み女性
普段から楽しいことが多いってことです?
そうですね。お金を使わず楽しさを追求している部分もあります。
Ryota

見栄や比較をやめるとお金って貯まりやすくなるんです。

私が実践しているもの・考え方を徹底的にご紹介します。あなたも参考にしてくださいね。

① 基本固定費の節約

基本固定費とは「毎月使われるお金」のことですね。

1番大事なので試せるものは試してみましょう。

車を最低限にする

車は乗用車1台だけです。

車は軽自動車でも年間維持費が40~50万ほどかかります。
(買い換え費用含む)

  • 通勤に車を使わない
  • 徒歩圏内で生活が完結する

ここを真剣に考えましょう。

注意ポイント

地方だから絶対に車が必要!という意見もあります。それはもちろんです。

なら、本当に地方に住み続ける必要があるのか?そこも検討が必要です。

「絶対できない!」と思わず、検討する価値がある部分なんですよ…。

家賃を落とす

HSPさんは住まいがストレスに影響します。

多少お金をかけてでも静かな物件に住んだ方が生活は豊かになります。

それでも…下げられるなら下げましょう。

  • 格安のシェアハウスに住む(一人暮らしなら)
  • 便利な駅から一駅遠ざかる
  • 価格を交渉する

こんなことが大切。

HSPさんの一人暮らしについては別記事が参考になります。

関連記事
HSPは一人暮らしをしよう
【脱出】HSPは一人暮らしで自立しよう!メリットとお金をかけない方法まとめ

続きを見る

通信費

なくてはならないスマホ・インターネット回線。

何となくキャリアを使っていると…月額数千円も損しています。

  • 格安SIMを使う
  • 月額の安いインターネット回線を使う

この2つは本気で考えましょう。

お悩み女性
Ryotaさんも高いお金払ってたんです…?
スマホに興味のない時は高いお金払ってましたね。
Ryota

光インターネットならNURO光が安いし早いです。

NURO 光

 

スマホなら楽天モバイルが格安ですよね。1GBまでなら1回線タダですし。

楽天モバイル

 

通信費で月額10,000円も使う必要はありません。使用するGB数を調べ、最低限にしましょう。

光熱費

ぶっちゃけ光熱費を細かく節約って大変です。

待機電力節約のためコンセントから抜くとか…。気疲れしますよね。

お悩み女性
ならどうやって安くします?
私は電気とガスを比較して安いものにしましたよ。
Ryota

※現在は戸建てでオール電化にしています。

電気とガスは自由化しています。1度も比較していないならした方がいいですよ。

ただ会社を変えるだけでガス代半額とかありますから。プロパンガスだと特に大きいです。

私の実家もやってなかったんですね…。これ、知らなきゃ損の典型例です。

プロパンガスはガス屋の窓口で比較できます。

【ガス屋の窓口】

 

電気代はエネチェンジで比較できますね。

エネチェンジ

保険

HSPさん悩みやすいのが保険。

不安を感じやすいので保険にメチャクチャ入っちゃっている方もいるでしょう…。

定期的に見直した方がいいですよ。新しい保険って昔よりいいのに価格が下がっていたりします。

お悩み女性
えっ?!そんなことあるんです?
保険屋さんでも使える保険が違うんですよ。
Ryota

我が家は店舗式の保険屋さんで保険を選んでました。

でも、訪問式FPさんにして相談したら。内容がよくなったのに価格が下がりましたからね。

ポイント

訪問式だと自宅や店舗外で話す流れになります。

「これを売らなきゃダメ!」みたいな内容がないので、全ての保険商品から1番あったものを持ってきてくれるんですよ。

後は上司の目がないのでぶっちゃけトークもしてくれます。我が家は住宅ローンの話とかも聞けましたね。

SOMPOひまわり生命は掛け捨て生命保険が優秀

SOMPOひまわり生命は掛け捨て生命保険が優秀

SOMPOひまわり生命は価格が安かった

SOMPOひまわり生命は価格が安かった

ちなみに我が家は、

保険はほどほどに。貯金や自分で運用して資金を確保する

という考えです。

あくまで私の例なので参考程度にしてくださいね。

訪問式FPさんだと「みんなの生命保険アドバイザー」さんとか有名ですね。

相談でA5ランクの黒毛和牛もらえたりします

みんなの生命保険アドバイザー

食費

あまり食費は節約していません。

というのも、食って楽しみじゃないですか…。全部を節約すると気持ちが続かないんです。

HSPさんストイックにやりがいなので注意しましょう。

お悩み女性
割と使っちゃってる感じですか?
といってもたまに外食するくらいですけどね。回転寿司とか。
Ryota

強いて言えばまとめ買いはします。コストコが美味しいし安いですよね。

コストコオンライン

ふるさと納税

固定費とは別ですが絶対にやった方がいい!

やるだけお得な制度です。よくわからないから使わない…だと損してます。

お悩み女性
結局ふるさと納税って何なんです?
寄付金の上限まで総額2,000円の負担で物と交換できると思ってください。
Ryota

我が家は限界まで使ってます。特におすすめは果物と加工品。

  • りんご、みかん
  • もつ鍋、ハム、乳製品

この辺りが間違いなし。ちなみに肉は…安いのだと筋だらけで美味しくないです。

我が家はふるさとチョイスや楽天ふるさと納税を使ってます。

ふるさとチョイス

② 情報集めにお金を使い、いいものを手に入れる

お金を使う節約もある

お金を使う節約もある

  • 有料メルマガ
  • 購読雑誌
  • オンラインサロン

情報用の予算を決めておきましょう。

お悩み女性
固定費を削減するのに固定費を使っちゃうんです?
結果的に節約になることがあるんですよ。
Ryota

今って大事な情報はほとんどクローズ化されてます。

オンラインサロンなどを『怪しい』と思ってると、どんどん取り残されていきます…。
※運営者をちゃんと知るのは大切ですけどね。

私の場合、服が好きなのでファッションバイヤーのMBさんのメルマガを購読しています。

KnowerMag

会員限定の超お得なセールが定期的に開催されるんですよ。

会員限定セールで買ったモッズコート

会員限定セールで買ったモッズコート

こちら定価が20,000円ほどですが、4,400円で買えました。

よいものを早く安く買うためには情報を集めることが必要です。別にセールじゃないとダメってわけでもありません。

ユニクロだってジルサンダーコラボやユニクロUの良品は即完売でしたからね。

「これは譲れない!」

というものくらいは、情報にお金をかけるとお得になりますよ。

③ 節約を楽しむ

何でもそうですが…苦しいと続きません。お仕事だってそうですよね。

節約したいなら節約を楽しむことが大切なんですよ。

お悩み女性
無理しない節約ってことですね。
そうです。食費節約なら自分で美味しいものを作っちゃえばいいですから。
Ryota

ちなみに私はファッションが好き。最近はユニクロUにはまってます。

  • お金を使わずオシャレをする
  • お金をかける部分とかけない部分を明確にする

ここがポイント。

あなたも大きなものを節約した後は無理しない節約を考えましょう。

スポーツジムに通うお金がないならジョギングする。

どうせなら、桜がキレイな場所を走ってみる。こんなイメージですね。

生活の豊かさにも影響しますよ。

 

最後に固定費と仕事量についてのお話をしていきます。

3.HSPは固定費削減をして仕事量を減らそう

そもそも、そんなに働く必要はないかも

そもそも、そんなに働く必要はないかも

固定費を減らすと生きる労力が減るんです。

  1. 働く時間を減らせる
  2. 時間が増える
  3. 時間をかける楽しみができる

私たちは不安から上を目指そうと必死になります。

固定費を削減すると…そんなに働かなくてもよくなるんですよね。

お悩み女性
確かにそれはあるかもしれませんね。
田舎暮らしだとより固定費が減ります。月10万で食べていけるならよほどラクですよね。
Ryota

夫婦合算の年収が350万でも十分暮らしていけるかも。

そしたら2人とも正社員じゃなくてもよかったりするんですよね。

パートと車の例

パートで100万稼ぐとします。

でも通勤に車が必須。車の維持費が年間45万だと…55万しか手元に残りません。

それなら、車なしの勤務先を見つけ55万円分働く方がラクじゃないですか。

ポイント

会社で働くのと個人で働く違いもポイント。

会社で足りない分を個人で稼ぐ考え方も主流になってきています。

理不尽な指示や人間関係がないと気疲れしないんですよ。

会社を最低限の生きる金額を稼ぐ場所。と捉えると仕事量とのバランスが見えてきます。

まとめ:HSPはお金の勉強をしましょう

お金って知らなきゃ損なことばかり。でも誰も教えてくれません。

失業手当も3ヶ月で支給が2ヶ月で支給になってますからね…。

収入が少ないと就学援助制度も使えます。子ども用に最大4万円の支給があります。

 

教育訓練給付金を使えば一部の資格取得の場合に20~50%還元されます。

こういう制度も知り、お金に悩まないようにしましょう。


もしHSP関係や人間関係、人生の方向性でお悩みなら私の相談サービスも気軽にお使いください。

月550円で、皆さんの悩みが解決するような具体的な心理情報・日々の役立つ情報が届きます。

初月は無料で使えます。まずは1ヶ月、試しにお使い頂ければと思います。

いつでも誰かに相談できる安心感が、あなたの不安の解決に役立ちます。
相談をもっと身近に。もっと安価に。という思いを胸に、毎週心を込めてお届けしております。

メルマガを使った相談+HSPの情報が届くサービス。日本一のメルマガを決めるまぐまぐ大賞で新人賞1位も獲得しています。

利用者も続々増加していますので、皆さんの知識に役立ちますよ。

▼詳細はこちら▼

関連記事
HSPの教科書
【HSPの教科書】HSPアドバイザーが教えるHSPの生き方・働き方&質問回答集

続きを見る

登録ページはこちら まぐまぐ HSPの教科書
クレジットカード以外の決済はnoteからご登録ください。
(内容はまぐまぐメルマガとほぼ同じです。)

以上、『【大切】HSPがお金の節約が大事!固定費削減の方法+仕事量を減らすポイント』という記事でした。

関連記事
HSPの転職に使って欲しいサービス
HSPの転職に使って欲しいサービスまとめ/HSPの働き方も含めて解説

続きを見る

関連記事
HSPのストレス解消方法
【保存版】HSPのストレス解消におすすめな18の方法/特性にあったものを選び試そう

続きを見る

関連記事
HSPは一人暮らしをしよう
【脱出】HSPは一人暮らしで自立しよう!メリットとお金をかけない方法まとめ

続きを見る

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

Ryota

HSPアドバイザー・メンタル心理カウンセラー・行動心理士。自身も強度のHSP。心理系の資格・様々な仕事経験・癒しの音楽を学んだ経験を生かし、HSP向けの相談や仲間作り・認知に向けた活動を続けています。まぐまぐ大賞2020年新人賞1位獲得。詳しくはこちら→プロフィール →著書

-HSP, HSPの生き方

© 2021 ココヨワ | 苦しい人生を少し優しく。

\相談窓口【仕事や人間関係も大歓迎】/
【HSPの教科書】HSPの相談窓口・生き方情報が届く
相談はこちらから
\全国1000人以上が利用中!/
相談窓口・HSP情報はこちら