HSP HSPの仕事

【解決】仕事が怖いHSPは環境を変えよう!不安が激減する4つの方法・考え方

仕事が怖いHSP

「仕事が怖い…怒られるのも嫌だし、ずっと自分を責めちゃう…。」

そんな悩みにお答えします。

当記事を読めば仕事が怖いHSPの悩みが解決します

 

HSPアドバイザーのRyotaです。

私自身も強度HSPで、新卒の頃に1年で4回転職しています。

お悩み女性
やっぱり仕事が怖かったんです…?
はい。動悸は止まらないし、土日も仕事のことばかり考えてました。
Ryota

当記事は、

  • 仕事が怖いHSPさんへ
  • こんな流れでも仕事は見つけられるよ
  • ストレスって耐えられないよ

というお話をします。

当記事を読めば普通に働ける仕事が見つかります。

どうぞ最後までご覧ください。

▼HSPの仕事選びを学ぶ▼

関連記事
HSPの仕事選びについて
【保存版】HSPの仕事選び対策まとめ/向いている職業10選と共に解説

続きを見る

▼HSP向け転職サービスを知る▼

関連記事
HSPの転職に使って欲しいサービス
HSPの転職に使って欲しいサービスまとめ/HSPの働き方も含めて解説

続きを見る

1.仕事が怖いHSPの不安が激減する4つの方法・考え方

仕事が怖いなら評価を下げてみよう

仕事が怖いなら評価を下げてみよう

以下の4つです。

  1. 上を目指さない(評価を上げない)
  2. パートや派遣で体験する
  3. 緊張しないことを第一にする
  4. 会社の課題と自分の責任を混同しない

HSPさんって仕事そのものが怖いんじゃないんですよね。

  • 仕事のミスで落胆されるのが怖い
  • 迷惑をかけたくない
  • 嫌われたくない

つまり、人間関係なんですよ。

お悩み女性
わかる気がします…。1人の仕事ならこんな悩まない。
心のどこかで完ぺきな自分になろうとしてるんですね。
Ryota

それって生まれついてからの『いい子ちゃん』だから。

親から見捨てられるのが怖いように、

上司から、

先輩から、

見捨てられるのが怖い。

と思ってます。

その考え方を変えていきましょう。

① 上を目指さない(評価を上げない)

HSPは期待に応えるのをやめよう

HSPは期待に応えるのをやめよう

入社1年以内に全力で仕事をしていませんか?

最初に評価を上げてしまうと、それが『普通』になっちゃいますよ。

お悩み女性
うっ…その通りです…。
最初に全力疾走するマラソン選手みたいなものですね。
Ryota

むしろ、HSPほど最初の評価が低くていいんです。

最初の評価が低いと些細なことで褒められます。

仕事も徐々にしか回って来ません。

1年目は6割の力で仕事をしましょう。余裕も持てますよね。

6割の仕事の例

  • セルフダブルチェックする
  • 1時間で終わる仕事は1時間で終わらせる
  • 無理して人を手伝わない
  • 先輩に助けてもらう

役立ちたい気持ちで空回りする

HSPは人に好かれたい気持ちが強いです。

だから、社内でも人に好かれるために無理して仕事を引き受けます。

それってキャパオーバーで潰れるだけですよね。

あなたが精神的に潰れることの方が会社的には損失です。

無理せず与えられた仕事を終わらせることだけに目を向けましょう。

② パートや派遣で体験する

本番前の練習仕事をしよう

本番前の練習仕事をしよう

本当は仕事をやめたい。

でも、また同じようなことにならないか…どういう仕事をすべきかわからない。

そんな悩みの対処法です。

  1. アルバイトやパート、派遣で体験する
  2. 同じ業界の仕事に応募する
  3. 未経験よりも入社しやすい
  4. 仕事もしやすい

例えば未経験で工場に入ると驚きがいっぱい。

マニュアルが多いし、人間関係も意外に悩みます…。

事前にパートや派遣で経験してれば『向き不向き』がわかりますよね。

お悩み女性
確かに。いきなり正社員になる必要はないですよね。
慎重に行動すればいいんですよ。これなら職歴も傷つきにくいです。
Ryota

HSPって頭の中だけで考えて行動する前に挫折します。

実際はやらなきゃわからないことがたくさんなんですよ。

だから…試しに働いてみたら?気になる仕事をやってみたら?ってことです。

私も病院設立企画部から工場への転職時に派遣で経験を積みました。

工場勤務が「思ったより向いている。」とわかったので、正社員の仕事を探したんですね。

派遣で3ヶ月働けばその業界のことがわかります。お試しください。

③ 緊張しないことを第一にする

HSPは緊張をほぐすことから考えよう

HSPは緊張をほぐすことから考えよう

緊張してミスばかり繰り返すHSPさんって多いんです。

緊張すると、

  • ミスしちゃダメ!とミスに意識を向ける
  • 緊張し過ぎで他のことが見えない
  • ミスをする
  • 頭が真っ白になる
  • ミスをする

という状態。

頑張りが空回りしちゃうんですね。

お悩み女性
わかります…。四六時中、ミスのことだけ考えてる。
それよりリラックスして実力を発揮できた方がミスは減りますよ。
Ryota

HSPさんの緊張をほぐすコツって、

ミスを認めてもらうこと

なんですね。

ミスして大丈夫と言ってもらえたら急にミスしなくなる。そんなものです。

どうすれば安心できるか。

人からどう思われたいか。

そこに意識を向けると答えが見えてきますよ。

ミスして悩んでいる姿を上司に泣きながら報告。

上司が「わかってるぞ。」と言ったら安心ですよね。

実際、上司もミスをしないよう対策する必要がありますし。上手に上司を利用しましょう。

④ 会社の課題と自分の責任を混同しない

会社の責任は会社のせいにしよう

会社の責任は会社のせいにしよう

あなたの責任じゃないことまで抱え込んでいませんか?

例えば、

  • 人数不足
  • 経験でしか作業できないこと
  • 相談に乗らない、答えない

など。

これって会社の課題であり、あなたの責任じゃありません。

HSPは自己肯定感が低く、何でも自分が悪いと思い込んじゃうんですね。

お悩み女性
私これかも…。人数不足でつらい…。
会社が買った設備を運用できないとか。現場に責任を押し付ける会社も多いです。
Ryota

組織の責任を個人が支えられるはずがありません。

冷静に問題の本質を考えましょう。もしかしたら…会社の経営が悪化してる可能性もありますよ。

上司へ相談したなら上司の課題

ちなみに上司にも課題があります。

部下・後輩が相談したらその時点で上司の責任。

上司が「お前の考えでやれ。」と言った以上、責任は上司に発生するんですね。

上司の忙しさを考える必要はありません。

上司は役職を与えられています。役職分、手当も多くもらってます。

何でも上司に相談した方がHSPはラクになります。

 

以上のことを守ればHSPは仕事の怖さが和らぎます。

では、なぜここまで仕事が怖くなっちゃうのか…。

その心理も知ってあなたの心の状態を客観的に判断できるようになりましょう。

2.HSPが仕事を怖くなってしまう心理と対処法

HSPは仕事でも罪悪感を感じやすい

HSPは仕事でも罪悪感を覚えやすい

以下の3つです。

  1. 自分で自分を責め続ける
  2. 人の迷惑ばかり考える
  3. 理想の人間関係に期待してしまう

仕事というか、心の問題なんですね。

仕事のミスで罪悪感を覚えます。

罪悪感を和らげるために自分を責めちゃうんです。

自信を失ってさらに自分を責める…終わりがありません。

お悩み女性
確かに。理想と現実は違いますね…。
心のどこかで「自分は上手にやれる!」って思ってるんですよ。
Ryota

HSPは自信のない割に憧れが強いです。

そのギャップを埋めることも考えましょう。

① 自分で自分を責め続ける

HSPは自分の小さなミスも許せない

HSPは自分の小さなミスも許せない

  • 完ぺき主義
  • 人の評価を落としたくない
  • 罪の意識が消えない

だから、落ち込むことで許して欲しいんですね。

会社が求めてるのって落ち込むことじゃありません。

ミスをしないための『マニュアル作り』『立ち直り』です。

お悩み女性
そう言われるとすれ違いですね。
だから扱いにくいヤツって思われるんですよ。
Ryota

誰だってミスはします。上司だってそうです。

でも、HSPはミスをして何か言われるんじゃないかと不安。

小さなミスも許せなくなっちゃうんですね。不器用さんです…。

② 人の迷惑ばかり考える

HSPは助けてもらうことが苦手

HSPは助けてもらうことが苦手

  • 助けてもらうことに罪悪感がある
  • 人にお願いできない
  • 迷惑をかけたことで罪悪感がある

根底にあるのは『罪悪感』なんですね。

HSPって人助けが好きです。色んな人が恩を感じてます。

一方、助けてもらうのは苦手。それなら1人で作業しようって思うんです。

お悩み女性
わかりますー!ミスのカバーされるなら残業していきたい…。
会社なのでそうはいかないんですけどね。
Ryota

将来的に他の人を助けることだってあるでしょう。

迷惑をかけるのはお互い様。でも罪の意識を感じてしまう…。

1年経つと仕事がちょっとできるようになります。

ミスしても自分で対処できるので、そこまでつらくなくなるんですよ。

最初の1年を乗り切れるかどうかがポイントなんですね。

③ 理想の人間関係に期待してしまう

HSPは理想や憧れが強い

HSPは理想や憧れが強い

先輩は優しくて悩みを相談できて、

上司は部下思いでミスを許してくれて…。

そんな理想をちょっと持ってませんか?

私も社会に出るまではそんなワクワクを持ってました。

自分と会社で何か人助けができるんじゃないか。必要とされるんじゃないかって。

お悩み女性
ドラマみたいに熱く楽しく仕事したかったです…。
実際、そういう職場って少ないんです。
Ryota

ほとんどはパワハラ・モラハラの温床。

図太い人は働きやすく、繊細な人は使われにくい。そういう社会じゃないですか。

だから期待せず、無理なく働くことが大切なんです。

理想が高いと理想を求めて転職難民になります

対処法:自分はできないと思うこと

ミスを受け入れやすい自分になろう

ミスを受け入れやすい自分になろう

「ミスしちゃダメ!」だからつらいです。

「ミスして当然だよね。」ならつらくなくなります。

お悩み女性
なるほど…。それはあるかも。
HSPは完ぺきを求める真面目さんです。その考えを変えましょう。
Ryota

連続してミスする日もありますよね。

大きなミスをして会社から叱られることもあるでしょう。

でもそれって、あなたの人生を左右するレベルのことではありません。

  • 小さなミスはするもの
  • ミスしないよう努力してるならそれでよし
  • 後は会社の判断に任せる

ミスして欲しくないなら会社が改善方法を考えます。

そうやって組織の一員として。会社に任せることも覚えましょう。

まとめ:仕事はマラソンと一緒。ゆるく長く続けましょう

仕事が怖いHSPに覚えて欲しいことが以下の4つです。

  1. 上を目指さない(評価を上げない)
  2. パートや派遣で体験する
  3. 緊張しないことを第一にする
  4. 会社の課題と自分の責任を混同しない

特に緊張ですね。

私もそうだったんですが…

ミスしちゃダメ

と思うほどミスします。

仕事探しでもリラックスして働ける環境を探してください。

  • 相談しやすい
  • 仕事量が多すぎない
  • マニュアルがしっかりしている

そしたら緊張がなくなります。仕事の怖さも減りますよ。

 

以上、『【解決】仕事が怖いHSPは環境を変えよう!不安が激減する4つの方法・考え方』という記事でした。

関連記事
HSPの仕事選びについて
【保存版】HSPの仕事選び対策まとめ/向いている職業10選と共に解説

続きを見る

関連記事
HSPの転職に使って欲しいサービス
HSPの転職に使って欲しいサービスまとめ/HSPの働き方も含めて解説

続きを見る

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
Ryota

Ryota

作曲家|メディア運営|フリーライター|HSPアドバイザーのパラレルキャリア。強度のHSPで社交的なHSE。様々な仕事を経験した後に独立。心理学や癒しの音楽を学んだ経験から、疲れた人に役立つ情報を発信しています。詳しくはこちら→プロフィール

-HSP, HSPの仕事

Copyright© ココヨワ | 苦しい人生を少し優しく。 , 2020 All Rights Reserved.

\初月無料!気軽にお試しください/
【HSPの教科書】HSPアドバイザーが教えるHSPの生き方・働き方&質問回答集
詳細記事はこちら
\毎週20,000文字ほどでお届け/
HSPの相談・仲間作り情報