HSS型HSP HSS型HSPとは

【納得】HSS型HSPは天才肌?持っている3つの才能と活用方法を解説

HSS型HSPは天才肌

「HSS型HSPは天才肌って噂があるけど、どうしてなんだろう?」

そんな疑問にお答えします。

当記事ではHSS型HSPが天才肌と呼ばれる理由をお話しします

 

HSPアドバイザーのRyotaです。

情報の少ないHSS型HSPについても個人で研究を続けています。

お悩み女性
ネットでも何か天才系って言われてますが…本当なんです?
本当です。天才肌って呼ばれる理由があるんですね。
Ryota

当記事は、

  • HSS型HSPのあなたへ
  • どうして天才肌と呼ばれやすいのか
  • 能力を生かすにはどうすればいいのか

というお話をします。

自分を知り、納得することで実力を発揮しやすくなります。

HSS型HSPについて深く学んでいきましょう。

▼HSS型HSPとは▼

関連記事
HSS型HSPについて
【超刺激好き】HSS型HSPとは?繊細なのに行動的な気質の特徴を解説

続きを見る

▼HSS型HSPに向いている仕事▼

関連記事
HSS型HSPの仕事
【注目】HSS型HSPに向いている仕事とは?職業選びに役立つ5ポイント

続きを見る

1.HSS型HSPが天才肌と呼ばれる3つの理由『持っている才能とは』

HSS型HSPは色んな知識をつなげるよね

HSS型HSPは色んな知識をつなげるよね

以下の3つです。

  1. 好奇心が旺盛で行動力がある
  2. HSPの『深く物事を考える特徴』がある
  3. 探求心がある

発想力と行動力。この2つを持っている時点で凄いんですね。

お悩み女性
確かに…常に何か試していそう。
そうなんです。しかも好奇心があるから、試したくなるんです。
Ryota

もちろん全部が成功じゃありません。

衝動的に『ぶっとんだお話』も多いでしょう。

ファンタジーに憧れて本当に革の鎧を作っちゃうとか…。

そういうのを全部ひっくるめて、凄いけど理解しづらいから『天才肌』と呼ばれやすいです。

1つずつ特徴を解説していきますね。

▼動画で学ぶ▼

① 好奇心が旺盛で行動力がある

HSS型HSPは『行動』につなげる

HSS型HSPは『行動』につなげる

  • 適度に刺激が必要。刺激がない状態が続くとストレスになる
  • 衝動性がある
  • できる、できない…ではなく、興味のあるなしが行動につながる

刺激に対してポジティブです。

HSS型HSPは内向型ですが、刺激に対しては外向型に近い状態になりますね。

お悩み女性
積極性があり、意識が外に向くってこと?
そうですね。さらに言えば、他が見えなくなります。
Ryota

子どもが熱中するとご飯を食べるのも忘れますね。この状態。

だから行動力が止まらないんです。

  • 子どものような発想力
  • 遊びに真剣(大人の考えで夢中になる)

他の人では思いつかないことで成功します。

なので、天才肌って言われますね。

最近のYouTubeを見るとわかりやすいかなと思います。

発想の面白い人。TVじゃできないことをする方っているじゃないですか。

このタイプの考え方です。

② HSPの『深く物事を考える特徴』がある

HSS型HSPは深く考えて新しいことを思いつく

HSS型HSPは深く考えて新しいことを思いつく

  • 普段から色んなことを考えている
  • 突然、点と点が結びつく
  • 1を聞いて10を知る

この『1を聞いて10を知る』イメージがHSPの特徴です。

受ける情報量がめちゃくちゃ多いんですね。

お悩み女性
それはあるかも…。人の表情1つでも色んなことを考えちゃう。
それが発想につながるんですね。
Ryota

考えると意識できます。

意識すれば、発想につながるんですよ。点と点が結びつくとかいいますね。

例えば…営業さんが趣味で動画作成をしてたとします。

「そうだ。動画で物を売ればいいじゃん。」

と気付くイメージですね。

何もないところからポンっと閃くだけじゃないんですね。だから閃きの数が多いんです。

閃くことが多ければ『天才肌かも』って思われますね。

③ 探求心がある

HSS型HSPは行動して、しかも継続できる

HSS型HSPは行動して、しかも継続できる

  • より楽しくできないか、面白くできないか…と考える
  • 他の刺激と組み合わせる
  • さらに強い刺激を探す

冒険するような思考があるんですね。

目的を達成したら終わり…というものじゃないんです。

お悩み女性
ゲームをやり込むイメージですね。なるほど。
仕事なら結果を出せばOKですよね。でも結果じゃないものを求めるんです。
Ryota

例えば飛距離の出るゴルフクラブを考えたとしましょう。

十分に成果が出たとしても、そこで終わりません。

「月の石を使ったらどう?」「チタンはどう?」

こんなことを大真面目に考え、しかも実行する。そういう考えを持っています。

 

こんなHSS型HSPですが、天才的な発想も使えないことがあるんです。

一歩間違えると『バカにされる』だけ。注意が必要ですよ。

2.HSS型HSPが天才的発想を使うためのポイント

HSS型HSPは理解者が必要

HSS型HSPは理解者が必要

以下の3つです。

  1. 数字やスキルを元に現実的に考える
  2. 発想を理解する人が必要
  3. コミュニケーション能力を育てる

ただ、発想を伝えるだけなら空想と一緒。

現実的に考えること。そして上手に伝えないといけません。

お悩み女性
なるほど…リアリティが必要ってことですね。
友達同士の会話ならいいんですけどね。仕事での話なら違います。
Ryota

だから、別の能力。人とのつながりを意識することも必要になります。

① 数字やスキルを元に現実的に考える

HSS型HSPは考えを現実的にしよう

HSS型HSPは考えを現実的にしよう

  • 持っているスキルを考える
  • 自分にないスキルが必要なら、誰にどう頼むか考える
  • 無理のない価格にする

ぶっちゃけ、技術があってお金があるならほとんどのことができます。

それがないから困るんですよね…。

お悩み女性
そっか。あまりにレベルの高いことなら笑われて終わりですね。
そうなんです。よく考えたら『実現できるな』と思われるのがポイント。
Ryota

例えば人にサービスを知ってもらいたいとします。

半年かけてSNSを使い認知させる。そのため複数のSNSを今から育てる…。

これって、若い世代なら思いつくこと。決して実現不可能じゃありません。

このように、ツール等を組み合わせて現実的なレベルまで落とします。

『天才肌』はいいイメージだけではない

きっとこの記事を見ているHSS型HSPの皆さんは『天才』をよい言葉だと感じているはず。

一部の人たちは『天才』を空想家・ちょっと変人…という意味で使います。

そのイメージにならないよう、発想に現実味を加えて欲しいんですね。

② 発想を理解する人が必要

理解してもらえなければ立場がない

理解してもらえなければ立場がない

  • 頭の固い人は理解できない
  • 自分を高く見せるため、そもそも理解する意識がない
  • 知識がない

HSPが理解してもらいにくいのと同じです。

相手に理解力・柔軟な思考がないと『拒絶』になるんですね。

お悩み女性
うわー、あるあるな話ですね…。
小説とか歴史を読んでれば必ず出てくるじゃないですか。
Ryota

どれだけ正しいことでも理解できない人に知ってもらうのは難しいです。

周りに恵まれてないと実現が難しくなることは覚えておきましょう。

③ コミュニケーション能力を育てる

コミュニケーション次第で信用も理解もしてもらえる

コミュニケーション次第で信用も理解もしてもらえる

  • 伝え方がいいとわかってもらえる
  • 『誰が話しているか』も見られている
  • 好意的な目で見てもらえる

コミュニケーション力があると発想より『人』を見てもらえます。

人って『誰が言ったか』を重要視するんですね。

お悩み女性
確かにわかるかも。頭がよくても人が避ける人のイメージ?
ちょっと極端ですが、内容的には近いですね。
Ryota

上から目線で伝えたら貴重な意見も採用されません。

伝え方・メリットに目を向けよう

天才的な発想があっても難しければ理解されませんよね。

  • 中学生でもわかるレベルで話す
  • 専門用語を使わない
  • メリットやデメリットをまとめる

こんなことって大切です。

能力を発揮するために、どうすれば目的を達成しやすいかを考えます。

まとめ:HSS型HSPは天才肌の考えを生かしましょう

HSS型HSPが天才肌だと呼ばれる理由はこちらです。

  1. 好奇心が旺盛で行動力がある
  2. HSPの『深く物事を考える特徴』がある
  3. 探求心がある

ですが、誰もが天才肌ではありません。

ちゃんと努力して行動して…積極的に行動しているからプラスになるんですね。

『自分は何もしなくてもできるんだ。』

というポジティブにならず、あなたが持っているものに目を向けて切磋琢磨しましょう。

 

以上、『【納得】HSS型HSPは天才肌?持っている3つの才能と活用方法を解説』という記事でした。

関連記事
HSS型HSPについて
【超刺激好き】HSS型HSPとは?繊細なのに行動的な気質の特徴を解説

続きを見る

関連記事
HSS型HSPの仕事
【注目】HSS型HSPに向いている仕事とは?職業選びに役立つ5ポイント

続きを見る

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
Ryota

Ryota

作曲家|メディア運営|フリーライター|HSPアドバイザーのパラレルキャリア。強度のHSPで社交的なHSE。様々な仕事を経験した後に独立。心理学や癒しの音楽を学んだ経験から、疲れた人に役立つ情報を発信しています。詳しくはこちら→プロフィール

-HSS型HSP, HSS型HSPとは

© 2020 ココヨワ | 苦しい人生を少し優しく。

\初月無料!700名以上が参加中/
【HSPの教科書】HSPアドバイザーが教えるHSPの生き方・働き方&質問回答集
詳細記事はこちら
\毎週20,000文字ほどでお届け!700名参加!/
HSPの相談・仲間作り情報