HSP HSPの生き方

HSPは甘え?それとも甘えじゃない?繊細な人の間違った考え方とは

HSPは甘えかどうか

「HSPって甘えと違うの?単なる打たれ弱い人なんじゃないの?」

そんな悩みにお答えします。

当記事を読めばHSPが甘えかどうか答えがわかります

 

HSPアドバイザーのRyotaです。

私自身強度のHSP。20代前半は自分はダメだ、甘えた大人だと悩んできました。

お悩み女性
ってことはHSPは甘えじゃないんですね!
結論から言うと甘えじゃないです。ただ、問題は複雑なんですよ。
Ryota

当記事は、

  • HSPは甘えじゃないよ
  • でも、甘えと感じてしまう。思い込んでしまうのがHSPだよ

という話をします。

自分を追い詰めてしまっているあなたはぜひ当記事をご覧ください。

自分自身がどういう思考になっているのかわかりますよ。

▼HSPの気疲れ対策▼

関連記事
HSPの気疲れを改善する方法
【小さな努力】HSPの気疲れは改善できる!7つの方法を即実践で気楽になろう

続きを見る

▼HSPがストレスから身を守る方法▼

関連記事
HSPのストレス対策
【事実】HSPはストレスに弱い?刺激から身を守る7つの工夫を紹介

続きを見る

1.HSPは甘え?それとも甘えじゃない?答えはこちら

HSPは気質なので甘えじゃない

HSPは気質なので甘えじゃない

HSPは気質です。

気質と性格をごちゃ混ぜにしちゃダメ。

性格は治りますけど、気質は治りません。

お悩み女性
な、何が違うんです…?わからない?
気質は生まれついたもの。声のトーンとかと同じなんですね。
Ryota

先天的なものなんです。

赤ちゃんの頃から刺激に弱いんですよ。

HSPの子どもあるある

  • 強い光や音に敏感
  • 寝つきが悪い
  • 細かく起きちゃう
  • 親の顔色を凄くうかがっちゃう

親御さんに

「神経質な子どもだったよ。」

と言われたら疑います。

もう答えは出ちゃったんですが、深堀して説明していきますね。

▼HSP気質について知りたいならこちら▼

関連記事
HSPの気質について
【要注意!】HSPは性格ではなく気質?間違いやすい4つの対処法

続きを見る

▼動画で観る▼

答え:HSPは甘えではない

HSPは先天的なもの

HSPは先天的なもの

刺激に対して警戒心を持つ物質が出やすいんですね。

  • ノルエピネフリン
  • コルチゾール

この2つが多く分泌されていることをアーロン博士が見つけました。

実は人間だけじゃなくて動物にも存在するんですね。

お悩み女性
え、そうなんですね。興味深い…。
野生では警戒心の強い個体が生き残る可能性がありますよね。
Ryota

だからHSPが悪いとも言えないんです。

社会に溶け込みにくいものの、

  • 慎重
  • 失敗しづらい
  • 『まさか』に備えることができる

という強みがありますからね。

でも、HSPは甘えだと思われやすいんです。

注意:認知されていないので、人の意見は参考にならない

HSPを堂々と公表してもいいことがない

HSPを堂々と公表してもいいことがない

HSPって甘えだと思われやすいんですね。

その理由が認知度の低さ。

そして、実社会で損する特徴が多いことです。

  • 繊細
  • 打たれ弱い
  • 気疲れする
  • 人に合わせてしまう

これって仕事ではデメリットが多いんです。

お悩み女性
まだ、甘えと思われた方がマシ…?
そう。甘えなら意識で改善すると思われますからね。
Ryota

会社からすれば、

せっかく雇った人が何か隠していた

としか感じないんです。

あなたとごく身近な人だけでHSP情報を共有してください。

HSPは甘えじゃないけど、そんな大きな問題じゃない。

そういう意識で生活してくださいね。

HSPを重く受け止めると行動ができなくなります。それが1番怖いんですよ。

続いてHSPが甘えだと思い込みやすい理由をお話しします。

あなた自身は『HSPだ。甘えじゃないんだ。』と理解しなきゃダメなんですよ。

自分がダメなヤツと思って追い込んじゃいますから。

2.HSPは甘えだと思い込んでしまう理由

HSPは見えないものなので悩みやすい

HSPは見えないものなので悩みやすい

以下の3つが理由です。

  1. 病気や疾患ではない
  2. 自分で自分を判断するのが難しい
  3. 疲れで冷静に考えることができない

HSPと間違えられやすいADHD。

認知されてますし、医者に行こう!って思いますね。

発達障害者向けの仕事も増えてます。

でもHSPは違うんですね。

お悩み女性
障害とか、そういう大きなことじゃないですもんね。
そうなんです。HSPだからどこで誰に相談すればいいかもわかんないじゃないですか。
Ryota

だから我慢する。耐える。甘えだと思っちゃうんです。

① 病気や疾患ではない

HSPは目に見える症状があるものじゃない

HSPは目に見える症状があるものじゃない

  • ただ人より繊細なだけ
  • 本人の悩みほど周りは大きくは考えない
  • 5人に1人が同じ状態なので、人数が多い

しかもHSPって人それぞれ度合いが違うんです。

軽いHSPもいれば重度のHSPもいます。それぞれ特徴が違うんですね。

世間的にもそんな重く思われないんです。

お悩み女性
だからニュースにもならないし、情報が少ない?
はい。単なる打たれ弱さ・繊細さと思われます。
Ryota

私たちもこの考えが根付いちゃってるんですね。

HSPじゃなくて『甘え』『心が弱いだけ』と思い込みます。

② 自分で自分を判断するのが難しい

セルフチェックは都合よく判断しやすい

セルフチェックは都合よく判断しやすい

HSPは病院に行って認定されるものじゃありません。

自分が自分をHSPだろうと判断するのが基本になるんです。

お悩み女性
セルフチェックですよね。でも判断しちゃっていいの?
素直に答えていけばいいんです。それができれば…ですが。
Ryota

中度・強度のHSPはセルフチェックで診断可能です。

問題は軽度のHSP。

選択肢に悩んじゃって、診断する度に点数が変わったりしちゃうんですね。

実はHSPなのに『問題なし』と判断される可能性が出てきます。

HSPの診断は自分じゃないと答えられないものばかり。

専門家となら会話しつつ経験で判断してもらえますが。

そもそも、専門家が数えるほどしかいないんですよね。

結果、HSPじゃない。甘えだと自分を苦しめることになります。

③ 気疲れで冷静に考えることができない

HSPは疲れでネガティブになりやすい

HSPは疲れでネガティブになりやすい

  • いつも何かを考えている
  • 小さな刺激にも反応するので気が休まらない
  • 1人の時間が必要

HSPは現代社会に不向き。疲れでボロボロになっています。

そんな状態で冷静に考えることはできません。

風邪なら熱が出てわかります。なら、熱がない時の風邪はどうします?

お悩み女性
周りに迷惑だから会社行っちゃうかも…。
そう。我慢しちゃうんですね。
Ryota

HSPも一緒です。

疲れてるけど我慢しちゃう。ネガティブになりHSPじゃなくて自分のせいにしちゃうんですね。

そのうちHSPという言葉すら忘れます。

まとめ:HSPは甘えじゃありません。HSPとして生きていきましょう

HSPは生まれつき繊細な人。

物事の些細なことにも気付き、警戒し、備えてしまう気質です。

HSPであることを認めれば気楽に生きる方法ってたくさんあるんです。

HSPは甘えと思わず、自分を認めてください。

ストレスから逃げること、人間関係を減らすことを始めてください。

それがHSPの生き方です。

 

以上、『HSPは甘え?それとも甘えじゃない?繊細な人の間違った考え方とは』という記事でした。

関連記事
HSPの気疲れを改善する方法
【小さな努力】HSPの気疲れは改善できる!7つの方法を即実践で気楽になろう

続きを見る

関連記事
HSPのストレス対策
【事実】HSPはストレスに弱い?刺激から身を守る7つの工夫を紹介

続きを見る

関連記事
HSPの気質について
【要注意!】HSPは性格ではなく気質?間違いやすい4つの対処法

続きを見る

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
Ryota

Ryota

作曲家|メディア運営|フリーライター|HSPアドバイザーのパラレルキャリア。強度のHSPで社交的なHSE。様々な仕事を経験した後に独立。心理学や癒しの音楽を学んだ経験から、疲れた人に役立つ情報を発信しています。詳しくはこちら→プロフィール

-HSP, HSPの生き方

Copyright© ココヨワ | 苦しい人生を少し優しく。 , 2020 All Rights Reserved.

\初月無料!気軽にお試しください/
【HSPの教科書】HSPアドバイザーが教えるHSPの生き方・働き方&質問回答集
詳細記事はこちら
\毎週20,000文字ほどでお届け/
HSPの相談・仲間作り情報