HSP HSPの生き方

HSPが苦手な美容院の過ごし方/お店を選ぶポイント+気疲れしないコツを紹介

HSPが苦手な美容院の過ごし方

「HSPなんだけど、美容院が苦手すぎ。どうしたら苦痛じゃなくなるの…?」

そんな悩みにお答えします。

当記事を読めばHSPが美容院を気楽に過ごすコツがわかります

 

HSPアドバイザーのRyotaです。

気疲れしない美容院を見つけて早7年。2ヶ月に1度通い続けてます。

お悩み女性
そんな美容院があったら知りたい♪見つけるのにコツがいるんです?
そうですね。選ぶポイントはありますよ。過ごし方も楽になる方法があるんです。
Ryota

当記事は、

  • 美容院が疲れちゃうHSPのあなたへ
  • HSPが美容院で気疲れする理由
  • 気疲れしない美容院の選び方
  • 美容院が楽しくなる過ごし方

までお話しします。

美容院ってリラックスできて楽しい場所なんです。

ぜひ、当記事を見て苦手な場所から楽しい場所へ変えてくださいね。

▼HSPが刺激から身を守る方法▼

関連記事
HSPのストレス対策
【事実】HSPはストレスに弱い?刺激から身を守る7つの工夫を紹介

続きを見る

▼HSPの疲れの取り方▼

関連記事
HSPの疲れの取り方
【簡単】HSPが疲れの取り方を知れば無敵!5つの方法を今日から実践しよう

続きを見る

1.HSPが美容院で気疲れしてしまう理由

HSPは美容院でもリラックスできない

HSPは美容院でもリラックスできない

以下の3つです。

  1. 何を話せばいいかわからない
  2. 美容師さんに気づかいしてしまう
  3. どんな髪型にして欲しいか相談できない

HSPは相手に気を使ってしまいます。美容師さんも一緒なんですね。

お悩み女性
そうそう。お客さんなのに気を使っちゃうんです…。
コンビニの店員さんにすら緊張しますからね。
Ryota

まして美容院なんて1~2時間かかる場所。

外から中がわかる作りになってます。目立つのも緊張しますよね。

原因を知ることで対策がわかります。まずは原因を学びましょう。

① 何を話せばいいかわからない

HSPは自分のことを話すのに慣れていない

HSPは自分のことを話すのに慣れていない

  • いい話をしようと思ってしまう(オチがある話など)
  • 場にあった話じゃなきゃ恥ずかしい
  • でも自分のことを好きに話すことに慣れていない

HSPは雑談が苦手なんですね。

お悩み女性
確かに…。相手を喜ばせようと考えちゃいます。
考えた結果、話が止まっちゃいますよね。
Ryota

美容院だとそんな時間が1時間近くになることも。

話そうと思えば思うほど言葉が出てこなくなる。

美容師さんが逆に話を振ってくれた時に『ビクっ!』と身構えてしまう。

そんな状態になります。

② 美容師さんに気づかいしてしまう

美容師さんの仕事の邪魔だと思ってしまう

美容師さんの仕事の邪魔だと思ってしまう

  • 話すことが悪いと感じる
  • 内心、うっとうしいと思われていないか不安
  • 適当な返事をされるのがつらい

美容師さんは仕事をしていますよね。

会話をしていても、

「へー。はー。」

ぐらいの、簡単な相槌の時があります。あれがつらいんですね。

お悩み女性
そう!きっと真面目に仕事したいんですよね。
本当は会話するのも仕事の一環なんですけどね。
Ryota

だから話せば話すほど仕事の邪魔をしている気持ちになるんです。

でもHSPは無言が耐えられない…。

気になる人と全く会話ができないようなつらさが襲ってきます。

③ どんな髪型にして欲しいか相談できない

HSPは自分の思いを上手に伝えられない

HSPは自分の思いを上手に伝えられない

  • 自分で決めるより、人に決めて欲しい
  • 自分がどうなりたいかイメージがわかない
  • 言葉で表現するのが下手

雑誌を見て

「この髪型で…。」

と言える程度。

多数の人のように細かく指示してお願いすることは苦手です。

お悩み女性
自分に自信がないから決められなさそう。
そういう問題もありますよね。美容師さんに決めてもらった方が安心。
Ryota

結果、思ったような髪型にならない・いつもと一緒の髪型のどちらかになります。

 

こんなHSPさんが長みがちな美容院。

でも、気疲れしない美容院を選ぶポイントもあるんです。

2.HSPが気疲れしない美容院を選ぶポイント

人気店や入れ替わりの激しい美容院はやめよう

人気店や入れ替わりの激しい美容院はやめよう

以下の3つです。

  1. 地元の個人店にする
  2. 顔見知りになった美容師さんの美容院に行く
  3. 男性客(または子ども)の多いお店にする

会話の糸口が見つからないのって他人だから。

美容師さんと仲が良ければHSPだって気疲れが減りますよね。

または、あんまり口数の多くない美容師さんを見つけます。

お悩み女性
無理してコミュニケーション取る必要はないってことですね!
そうなんです。HSPは克服を考えない方がいいんですね。
Ryota

美容院でのストレスは会話。

会話が問題なければリラックスできる楽しい場所になりますよ。

① 地元の個人店にする

個人店だと地元の人に愛されやすい

個人店だと地元の人に愛されやすい

  • 常に忙しい感じじゃない
  • 人通りが少ない
  • なじみやすい

駅近のメチャクチャオシャレな美容院じゃない場所を選びます。

人通りが多い場所ってだけで疲れるじゃないですか。

お悩み女性
気合い入れていかないとダメな感じします…。
その緊張状態で行けばリラックスなんてできないですよね。
Ryota

地元の個人店だって優秀なお店多いです。

その割に混んでない。リピーターがついてるんですね。

そのうちお客さんも顔なじみになってきて気楽になりますよ。

ポイント

私も地元の個人店に通っています。

美容師さんとアシスタントの女性2人だけの小さなお店。

小学生や地元のママさんも通う感じで和気あいあい。その割に腕前がいいんですよ。

② 顔見知りになった美容師さんの美容院に行く

美容師さんと共通の趣味があれば話しやすい

美容師さんと共通の趣味があれば話しやすい

  • 別の場所で知り合う
  • SNS経由でつながる
  • ご近所さん

色んな流れがありますね。どれを選んでも構いません。

ポイントは『赤の他人じゃない』ってことなんです。

お悩み女性
確かに話題があれば気楽になるかも。
会話の入り口が見つかると、そこから雑談も膨らみますよね。
Ryota

つまり、

  • 無理して今の場所に通い続けない
  • 色んな場所に顔を出す

が大切。

ポイント

私はスポーツジムで出会った男性の美容師さんに担当してもらってます。

サーファー系なんですが、腕がいいと色んな人から評判だったんですね。

今でも散髪中にジムやトレーニングの話をしてます。

③ 男性客(または子ども)の多いお店にする

別に美容院で無理して会話をする必要もない

別に美容院で無理して会話をする必要もない

  • 男性の方が無口
  • 同時に色んなことができない
  • 会話の内容が女性とちょっと違う

別に美容院で会話をする必要ってないんですね。

男性美容師の中には積極的に話さない人もいます。仕事に集中したいんです。

お悩み女性
会話しないのならそれはそれでいいね!
そうそう。雑誌でも読んでればいいんですから。
Ryota

あと、中身のない雑談が無理!っていうHSPさん多いと思うんです。

男性は話にオチをつけたがり。男性美容師さんとの方が会話しやすいかもしれません。

男性客に慣れたというのがポイント。

美容師さんが男性客向けになってるので、会話が少なかったりするんですね。

子ども相手も一緒です。(子どもは動くんで美容師さんは会話どころじゃないという。)

 

最後にHSPは美容院でどう過ごせばいいの?という疑問にお答えしていきます。

3.HSPが美容院で気疲れしない過ごし方

美容院での刺激を減らそう

美容院での刺激を減らそう

以下の3つです。

  1. 散髪中は目を閉じる
  2. 無理に話さないキャラクターになる
  3. ヘッドスパやシャンプー中は気楽に話す

美容院って刺激が多いんですね。

  • 色んな人がいる
  • 耳元で音がする
  • 美容院独特の臭いがする
  • カラーではひんやりする

刺激に弱いHSPが疲れるのも無理はありません。

だから刺激を減らすことを心がけます。

① 散髪中は目を閉じる

美容院は目をつむって大丈夫

美容院は目をつむって大丈夫

  • 美容師さんと目があわない
  • 美容師さんに気づかう必要がなくなる
  • 目に髪の毛が入らない

カウンター席の方が会話が弾むのと一緒です。

目を見るから緊張する。目を見るから機嫌が気になるんですね。

美容院って目をつむる人が多いんですよ。

お悩み女性
そうなんです?目を合わせて話すものかと思ってた。
寝る人も多いですからね。
Ryota

私は単純に髪の毛が目に入るのが嫌で閉じてます。

1度目を閉じちゃえば、その後も目を閉じる人って思われるだけですよ。気楽です。

② 無理に話さないキャラクターになる

ニコニコおっとりキャラクターを目指そう

ニコニコおっとりキャラクターを目指そう

  • 会話しない方が気楽と気付いてもらう
  • あなたのリズムにあわせてもらう

HSPは会話そのものが嫌いじゃありません。

相手にあわせて、相手を楽しませようと必死になっちゃうのが問題なんですね。

別にあなたが中心にゆっくり会話すればいいんです。

お悩み女性
自分のペースで話そうねってことです?
はい。話したいことは話せばいいし、話したくなければ無口でいいんです。
Ryota

でも美容師さんに気を使っちゃう…。そこでおっとりキャラ。

人って第一印象が強く残るんですね。

  • 初日にキャラを定着させる
  • 「人みたいにポンポン話せなくてー。」と言う

これでOK。

美容師さんも接客のプロ。あなたにあわせてくれるようになりますよ。

③ ヘッドスパやシャンプー中は気楽に話す

話せる時は会話を楽しもう

話せる時は会話を楽しもう

  • 散髪中ほど気を使わない
  • マッサージ効果でリラックスできる
  • 視界がタオルでふさがれる

散髪みたいに気を使うことがなくなるんですね。

話したいなーと思ったら話してみましょう。

お悩み女性
そっか。今後のコミュニケーションにもなりますね。
はい。会話することで表情筋もほぐれるし、緊張もとけますよね。
Ryota

無理しての会話じゃなければ楽しいです。

「あ、美容院って楽しいんだ。」

と思えたら、次からが気楽になっていくんですよ。

まとめ:HSPは行きつけの美容院を1つ作りましょう

HSPが美容院を苦手とする理由はこちら。

  1. 何を話せばいいかわからない
  2. 美容師さんに気づかいしてしまう
  3. どんな髪型にして欲しいか相談できない

まず目を閉じてみましょう。

目を閉じるだけで今までより会話が楽になるはず。気楽にもなりますよ。

目を閉じられないのなら、

「最近疲れてて…。ちょっと目を閉じてますねー。」

で大丈夫。

美容師さんは慣れたもので、何とも思いませんからね。

ぜひお試しください。

 

以上、『HSPが苦手な美容院の過ごし方/お店を選ぶポイント+気疲れしないコツを紹介』という記事でした。

関連記事
HSPのストレス対策
【事実】HSPはストレスに弱い?刺激から身を守る7つの工夫を紹介

続きを見る

関連記事
HSPの疲れの取り方
【簡単】HSPが疲れの取り方を知れば無敵!5つの方法を今日から実践しよう

続きを見る

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
Ryota

Ryota

HSPアドバイザー・メンタル心理カウンセラー。自身も強度のHSP。心理系の資格・癒しの音楽を学んだ経験を生かし、HSP向けの相談や仲間作り・認知に向けた活動を続けています。詳しくはこちら→プロフィール

-HSP, HSPの生き方

© 2020 ココヨワ | 苦しい人生を少し優しく。

\HSPの悩み相談窓口/
【HSPの教科書】HSPの相談窓口・生き方情報が届く
相談はこちらから
\全国800人以上が利用中!/
相談窓口はこちら